資格のケンサク

インターネットユーザー能力認定試験

資格or検定
検定
難易度
★☆☆☆☆
取得期間
1ヶ月以上
受験費用
初級は4.800円、上級は6.400円となっています。
合格率
49.90%
試験回数
年3回程度
主催
株式会社サーティファイ認定試験事務局

インターネットユーザー能力認定試験ってどんな資格?

インターネットの基本的な知識を持ち、あらゆるビジネスシーンで求められる電子メールとWebの利用技術を認定する試験です。

試験は初級と上級があり、初級は個人ユーザーとして利用するレベル、上級はビジネスシーンでの利用を前提とし、セキュリティに関する知識なども出題されます。

初・上級ともにマークシート方式で行われ、上級第2部は実際にインターネットに接続しての実技試験があります。

インターネットの基本知識を認定する資格なので、この資格での就職は難しいですが、自分のスキルの確認にはいいでしょう。

とはいえ、あらゆるビジネスシーンで通用する知識と技術を認定する内容なので取得しておけば、どんな職種でも身につけた知識と技術が即戦力として役立つはずです。

インターネットユーザー能力認定試験の取得ができる機関

インターネットユーザー能力認定試験を取得すると出来る仕事

一般事務

受験内容

【初級】多肢選択解答形式(マークシート形式)
※Internet Explorer 7.0の場合
■知識試験・・・・インターネットの利用時に必要とされる知識
■実践技術試験・・・InternetExplorerおよびOutlookExpressの操作・設定方法
①インターネットの基礎(コンピュータ基礎、インターネットの概要、ネットワーク、インターネットの現状と将来)、②Webページの閲覧(Webブラウザ、Webブラウザの基本操作)、③Webコンテンツの活用(Webコンテンツの利用、WWW応用)、④電子メールの活用(電子メールのしくみ、電子メール利用基礎、電子メール活用・応用)、⑤接続環境の設定(インターネットへの接続)、⑥ネット利用の注意(セキュリティ、知的所有権、トラブルと対策)

【上級】多肢選択解答形式(マークシート形式) 、実際にインターネットに接続したパソコンを使用し実施(Webページ表示,情報検索,メールやアドレス帳作成,各種設定等)
※Internet Explorer 7.0の場合
■知識試験・・・・インターネットの利用時に必要とされる知識
■実践技術試験・・・InternetExplorerおよびOutlookExpressを使用した情報の収集、発信方法、設定方法
①インターネットの基礎(コンピュータ基礎、インターネットの概要、ネットワーク、WWWのしくみ、インターネットの現状と将来)、②Webページの閲覧(Webブラウザ、Webブラウザの基本操作)、③Webコンテンツの活用(Webコンテンツの利用、WWW応用)、④電子メールの活用(電子メールのしくみ、電子メール利用基礎、電子メール活用・応用)、⑤接続環境の設定(インターネットへの接続)、⑥ネット利用の注意(セキュリティ、知的所有権、関連法規、トラブルと対策)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

WEB・通信の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧