資格のケンサク

情報セキュリティマネジメントシステム審査員

資格or検定
検定
難易度
★★★★☆
取得期間
5日間~
受験費用
審査員補として登録するための要件の一つである研修費用は250.000円程度必要です。
合格率
95%
試験回数
随時
主催
(財)日本規格協会 マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)

情報セキュリティマネジメントシステム審査員ってどんな資格?

2002年4月に(財)日本情報処理開発協会(JIPDE)により、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)適合性評価制度が開始されました。

この制度は情報システムのセキュリティ管理に対する国際的に整合性の取れる第三者認証制度です。

ISMS審査員はISMS認証取得を希望する企業や組織の情報セキュリティマネジメントシステムが円滑に機能しているかについて評価・審査を行います。

審査員の資格は審査員補、審査員、主任審査員の3ランクで構成されています。

2007年4月から評価登録業務が移管し、(財)日本規格協会(JRCA)が行っています。資格を取得するには(財)日本規格協会(JRCA)認定の審査研修コースを修了し、最終日に実施される筆記試験に合格することと、高等学校以上の学歴、情報処理・情報セキュリティ分野での実務経験などの資格登録要件をクリアすれば取得できます。

ISMS適合性評価制度が本格的に開始された中で、ISMS審査員の活躍が期待されています。

情報セキュリティマネジメントシステム審査員を取得すると出来る仕事

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)審査員 就職先

外資系企業、一般企業、通信会社、Webコンテンツ制作会社、コンサルティング会社、ソフトウェアメーカー、OA販売会社、銀行、広告代理店、人材派遣会社、調査会社、証券会社、保険会社、監査法人など

経営コンサルタント

企業などの経営についてコンサルティングを行います。

顧客企業から依頼を受けて、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをするなど、経営上の問題を解決するための支援を行う仕事です。

受験内容

※各研修期間の研修最終日に筆記試験が行われます。
※研修中に習得しなければならない項目

【知識】
①情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の目的及び、ISO/IEC 27001 に述べられているISMS の構築、実施、運営、監視、レビュー及び改善に関わるプロセスを、ISMS 審査員にとってのこれら目的及びプロセスの重要性も含めて説明することができる
②ISO 27001:2005、国際規格ISO 17799:2005、ISO/IEC 13335 パート1・2(MICTS)、ISO/IEC TR 18044:2004、EA 7/03 及びISMS に関連する法規制の枠組みの目的、内容及び互いの関連性について説明できる
③ISO 19011 に沿った、ISMS 審査の計画、実施、フォローアップの際の審査員の役割を説明できる
【技能】
①ISMS 審査における、ISO 27001:2005 及びEA 7/03 の要求事項の解釈
②ISO 19011 に沿った、審査の計画、実施、報告及びフォローアップといった審査員の役割の実施

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

WEB・通信の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧