資格のケンサク

応用情報技術者試験

資格or検定
資格
難易度
★★★★★
取得期間
6ヶ月~
受験費用
5100円
合格率
約15%
試験回数
春期:4月第3日曜日 秋期:10月第3日曜日
主催
情報処理技術者試験センター

応用情報技術者試験ってどんな資格?

応用情報技術者試験は、情報技術を活用した戦略立案や、システムの設計・開発に携わるための高度な技術を保持することを認める資格です。

取得が非常に難しいとされる資格のうちの一つです。就職や、転職で役立つだけでなく、その資格を取得するだけで、企業内でインセンティブや、給与が与えられる企業も少なくありません。

対象者像は「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」と規定されており、実務経験のあるプログラマー、エンジニアなどが受験の対象となっています。

応用情報技術者試験の取得ができる機関

  • 資格の大原

応用情報技術者試験を取得すると出来る仕事

応用情報技術者試験を取得すると出来る仕事

システムエンジニア、プログラマー、システム営業

受験内容

午前試験と午後試験に分かれる。どちらとも試験時間は150分。

午前中は四肢選択式(マークシート使用)で80問出題され全問解答。テクノロジの分野から約50問、マネジメントの分野から約10問、ストラテジの分野から約20問出題。

午後の試験は記述式で12問出題、うち2問中から1問、10問中から5問をそれぞれ選択して解答。午前、午後共に60%以上の得点で合格となる。

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

WEB・通信の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧