資格のケンサク

気象予報士

資格or検定
資格
難易度
★★★★★
取得期間
1年~
受験費用
試験手数料は11.400円で、気象予報士として登録する場合には登録料が必要です。
合格率
6.10%
試験回数
年2回
主催
(財)気象業務支援センター試験部

気象予報士ってどんな資格?

1995年施行の改正気象業法によって気象観測データを分析し、局地的な天気予報を提供する専門家になるための国家資格です。

気象庁が提供する数値予報結果、気象衛星、気象レーダー、アメダスなどの各種データから観測データを総合的に判断し、予想を行うのが仕事で、台風情報や地震情報といった防災という公共的側面を合わせ持つほかに、商品の売上動向など様々なビジネス活動への経済活動とも深い関係があります。

試験は気象学や天気予報の基礎関連法令を問う学科試験と、全般的な天気予報や集中豪雨などの緊急時の予報について問う実技試験があり、問題はとても難しく、専門知識が要求されるので、合格には1年以上の計画的学習が必要です。

気象予報士というとお天気キャスターのイメージが強いんですが、実際はあまり多くはなく、テレビや新聞などの天気予報コンテンツの作成、業績が天候に左右されやすいレジャー産業やアイス・ビールなどの飲食業界への情報提供、船舶の最適航路予測、建設作業や港湾作業へのアドバイスなど、幅広く活躍ができます。

気象予報士の取得ができる機関

  • 生涯学習のユーキャン 教材購入プロモーション

気象予報士を取得すると出来る仕事

レポーター

芸能、スポーツ、ニュースなど様々なジャンルがあり、限られた時間の中で、いかにわかりやすく自分の言葉で伝えられるかがポイントになります。常に取材対象に興味を持ち続けることが大切で、視聴者の共感を得られるような親しみやすさも欠かせません。

気象予報士の特徴

科目免除

気象長官の定める予報業務・観測業務に従事するものの養成過程を修了し3年以上予報業務経験がある者、応用理学部門の技術士資格を有する者で3年以上予報業務経験がある者、国の業務機関で7年以上予報・観測業務経験がある者、学科試験に合格した者に学科試験の一部もしくは全てが免除となります。

インターネット講座

気象を初めて学ぶ方、生涯学習を目的とする方を対象に、インターネットによる「気象学入門講座」を実施しており、「気象のすがた」「気象の仕組み」「地球規模の気象」「気象観測と予報」の4つに分け、それぞれ衛星画像・模式図を使って分かりやすく解説しています。講座を修了すると、気象業務支援センターが実施している「最新気象技術講習会」に進むための知識が修得できます。受講期間は半年で、受講料は2.600円です。

最新気象技術講習会

各種の気象に関する情報を理解するために必要な気象学や起用業務の知識などを身につけるための講習会を6ヶ月ごとに開講しています。気象資料の見方・使用法、実例の天気図・予想図などを解説する「中級コース」、中級コースレベルの知識を有するものを対象に、過去問題等を使って解説する「復習コース」、中級コースの理解度をさらに深め、天気図会分析に必要な知識を解説する「集中コース」があります。また、この講座は気象予報士試験レベルです。

受験内容

■学科試験(多肢選択式)
①予報業務に関する一般知識・・・大気の構造、大気の熱力学、降水過程、大気における放射、大気の力学、気象現象、気候の変動、気象業務法その他の気象業務に関する法規
②予報業務に関する専門知識・・・観測成果の利用、数値予報、短期予報・中期予報、長期予報、局地予報、短時間予報、気象災害、予想の精度の評価、気象の予想の応用

■実地試験(記述式)
①気象概況の変動の把握、②局地的気象予想、③台風等緊急時の対応

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

環境・資源の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧