資格取得を楽しもう!資格情報、特集を日々紹介!

何故資格?資格情報ナビとは利用規約会社概要お問い合わせサイトマップ

資格探しなら資格のケンサク!350以上の役立つ資格情報を掲載!あなたの資格取得を応援します!資格のケンサク
2014.08.08

車両系建設機械運転技能者

こちらの情報は約2分で読むことができます。 簡潔な試験情報を表で見る▼

車両系建設機械運転技能者ってどんな資格?

労働安全衛生法の定めにより就業制限が課せられている、油圧ショベル、くい打ち機、ブルドーザーなどの3トン以上の建設機械を運転・操作するために必要な資格です。

扱うことができる機械によって、基礎工事用、解体用、整地・運搬・積込・堀削用の3種類に分かれています。

資格を取得するには、各地の登録教習機関で学科と実技の技能講習(2~6日間)を受講し、修了試験に合格すると取得できます。

技能講習は毎月開講されており、18歳以上であれば誰でも受講できます。

特殊な技能なので知名度は高くないですが、土木・建設関連企業においては必要不可欠な資格で、受験者のほとんどが建設会社、鉄鋼会社、造船所などの作業員です。

フォークリフト運転技能者クレーン運転士などの関連資格を取得すれば、活躍の場はさらに広がります。

車両系建設機械運転技能者を取ると出来る仕事

車両系建設機械運転技能者就職先

土木・建設会社、鉄鋼会社、造船所、製造会社、倉庫会社など

受験内容

■対象機械
◎車両系建設機械(基礎工事用)運転技能講習
くい打機、アース・オーガー、くい抜機、リバース・サーキュレーション・ドリル、アース・ドリル、せん孔機(チュービングマシーンを有するものに限る)
◎車両系建設機械(解体用)運転技能講習
ブレーカ
◎車両系建設機械(整地・運搬・積込・掘削用)運転技能講習
ブル・ドーザー、スクレーパー、ドラグライン、モータ・グレーダー、スクレープ・ドーザー、クラムシェル、トラクター・ショベル(4輪駆動ホイールローダ含む)、パワー・ショベル(油圧ショベル)、バケット掘削機、ずり積機、ドラグ・ショベル、トレンチヤー
【学科試験】
①走行装置の構造・取扱い、②作業装置構造・取扱・作業方法、③運転知識、④法令
【実技試験】
①走行操作、②作業装置の操作・合図

車両系建設機械運転技能者の概要

資格名 車両系建設機械運転技能者
取得期間の目安 2~6日
受験経費詳細 受講費用は解体用の場合は12.000円程度、整地・運搬・積込・掘削用の場合は40.000円~90.000円程度で、受験者の保有資格・実務経験により異なります。
試験時期 毎月
試験時期詳細 教習機関により異なり、技能講習は毎月開講していることが多いです。
受験可能な場所 教習機関により異なりますが、コマツ教習所の場合は北海道、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川、静岡、粟津、愛知、京都、大阪、奈良、中国、四国、九州で受講できます。ただし、基礎工事用は栃木のみになります。
合格率 95%以上
資格がスタートした時期 1972年
累計合格者
主催団体 各都道府県の労働局安全課 (問い合わせ)コマツ教習所(株)
住所 (問い合わせ)神奈川県川崎市中瀬三丁目20番1号 ℡044-287-2061
資格難易度(5段階) 1
受験資格 18歳以上なら誰でも技能講習を受講して取得できます。
ページトップへ