資格のケンサク

ホテル実務技能検定試験

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
6ヶ月~
受験費用
1級筆記試験7.000円、実技試験(筆記試験合格者)12.000円、2級6.400円、3級5.800円となります。
合格率
72.80%
試験回数
年2回
主催
株式会社サーティファイ認定試験事務局

ホテル実務技能検定試験ってどんな資格?

ホテル勤務に必要な知識と語学力を認定する資格です。

ホテル業界への就職・転職時の能力照明のために、ぜひ取得しておきたい資格になります。

試験は1~3級まであり、筆記試験となりますが、1級のみ実技試験が行われます。筆記試験は多肢選択及び記述回答式で、3級は身だしなみ、言葉遣い、接客マナー、料飲・宿泊関連業務、英会話の基礎知識が出題され、2級は3級の範囲に加えて、公衆衛生や苦情処理などホテル業務の多方面にわたる知識が、1級ではマネジメントの上級知識が問われます。

フロントクラーク、ハウスキーパー、ウェイター・ウェイトレス、コンシェルジュ、マネージャーなど、ホテルで働く全ての職種で、修得した知識を活かすことができます。近年、再開発が進む首都圏では大型のシティホテルが次々と誕生しており、宿泊客に高い満足を提供できる優秀な人材へのニーズは急速に高まっています。

ホテル実務技能検定試験を取得すると出来る仕事

ホテル実務技能検定試験就職先

接遇・料飲・ホテル業など

コンシェルジュ

ホテルには様々な目的を持った人達が大勢宿泊しています。中には日本に不慣れな人や日本語のわからない外国人もいます。そこでいろいろな要求に対し、様々なサービスをする専門家が別名ゲスト・リレーションズとも呼ばれるコンシェルジュです。例えば、宿泊客の要求に応じて、街の地理案内や観劇の切符の手配、病気の時なケアなどを行います。

フロントクラーク

フロント業務は表面的には、チェックイン、チェックアウトの対応だが、それは仕事のごく一部に過ぎません。実際には、宿泊客の対応全般を行う、接客の最前線にある仕事です。レストランの予約、飛行機の乗り継ぎ確認、交通機関の時刻、プレイスポットの情報など、お客から多彩な質問に丁寧に対応します。

ドアパーソン

ホテル内のサービス業務は様々に分業化されていますが、ドアパーソンはホテルの入り口で、扉の開閉やお客様の案内をする仕事です。質の高いサービスを提供するために言葉遣いや接客態度、語学力、気配りなど様々な面で、努力を怠れません。

客室予約係

電話やネット予約などを通してお客様からの宿泊予約を受ける仕事です。それぞれのお客様の希望にかなう客室を用意し、団体客の場合は到着時間やその後のスケジュールを調整・手配し、キャンセルを予測することで空室を最小限に抑えるなど、手腕にかかる部分は大きいようです。

ルームサービス

ホテルの宿泊顧客が客室内で飲食する際、注文を受け給仕する仕事です。一人ひとりの顧客の要望を組み取り、きめ細かな対応をすることが非常に大切になります。

ホテル実務技能検定試験の特徴

ハイライセンスシール

合格者には「認定証」と1級合格者にハイライセンスシール1シート(20枚)が発行されます。ハイライセンスシールは保有スキルを証明するために名刺や身分証等に貼り付け使用するものです。ハイライセンスシールの追加発行を希望する場合は5シート(100枚)800円から5シート単位で販売されており、オンライン上で申請が可能です。

障害者特別措置制度

障害を持つ方が受験しやすいよう、試験時間延長などの特別措置を設けています。肢体障害者の方には時間を最大1.5倍延長し、拡大コピーされた問題、拡大鏡持参、照明機器使用が認められます。聴覚障害者の方には試験監督が口頭で指示する注意事項を文書により配布し、補聴器使用が認められます。その他の障害を持っている場合には認定委員会にて検討されます。

受験内容

【3級】
①接遇分野(ホテル業従業者としての身だしなみに関する知識、場面に応じた状況判断と行動に関する知識、場面、客に応じた言葉遣いに関する知識、職場のマナーに関する知識)、②料飲分野(料飲部門の概要、料理(食材を含む)と飲料に関する知識、レストラン部門の業務とサービスに関する知識、宴会部門の業務とサービスに関する知識、バー・ラウンジ部門の業務とサービスに関する知識、テーブルマナーに関する知識)、③宿泊分野(宿泊部門の概要(全般の知識)、ドアマンの業務とサービスに関する知識、ベルマンの業務とサービスに関する知識、クローク部門の業務とサービスに関する知識、リザベーション部門の業務とサービスに関する知識、レセプション部門の業務とサービスに関する知識、インフォメーション部門の業務とサービスに関する知識、メイル部門の業務とサービスに関する知識、ハウスキーピング部門の業務とサービスに関する知識、旅行業との連携に関する知識)、④語学分野(ホテル用語の外国語理解、業務上での会話理解)、⑤その他のホテル関連分野(食品衛生・公衆衛生に関する知識、安全衛生に関する知識、プロトコルに関する知識、ホテル関連法令に関する知識、宿泊業及び観光業の歴史に関する知識、宿泊業及び観光業に関する情勢)

【2級】
①接遇分野(場面に応じた状況判断と行動に関する知識、職場のマナーに関する知識、ホテル内での事故処理に関する知識、苦情処理に関する知識)、②料飲分野(料飲部門の概要、料理(食材を含む)と飲料に関する知識、レストラン部門の業務とサービスに関する知識、宴会部門の業務とサービスに関する知識、バー・ラウンジ部門の業務とサービスに関する知識、テーブルマナーに関する知識、料理メニュー管理に関する知識、食事に関する異文化知識)、③宿泊分野(宿泊部門の概要(全般の知識)、リザベーション部門の業務とサービスに関する知識、レセプション部門の業務とサービスに関する知識、インフォメーション部門の業務とサービスに関する知識、メイル部門の業務とサービスに関する知識、ハウスキーピング部門の業務とサービスに関する知識、旅行業との連携に関する知識)、④語学分野(ホテル用語の外国語理解、業務上での会話理解、業務上での英語文書理解)、⑤その他のホテル関連分野(食品衛生・公衆衛生に関する知識、安全衛生に関する知識、施設管理に関する知識、プロトコルに関する知識、ホテル関連法令に関する知識、宿泊業及び観光業の歴史に関する知識、環境問題対策、マーケティング、ホテルにおけるITの活用、宿泊業及び観光業に関する情勢)

【1級】
①接遇分野(場面に応じた状況判断と行動に関する知識、ホテル内での事故処理に関する知識)、②料飲分野(料理(食材を含む)と飲料に関する知識、レストラン部門の業務とサービスに関する知識、宴会部門の業務とサービスに関する知識、バー・ラウンジ部門の業務とサービスに関する知識、テーブルマナーに関する知識、料理メニュー管理に関する知識、食事に関する異文化知識)、③宿泊分野(リザベーション部門の業務とサービスに関する知識、レセプション部門の業務とサービスに関する知識、インフォメーション部門の業務とサービスに関する知識、メイル部門の業務とサービスに関する知識、ハウスキーピング部門の業務とサービスに関する知識、旅行業との連携に関する知識)、④語学分野(ホテル用語の外国語理解、業務上での会話理解、業務上での英語文書理解)、⑤その他のホテル関連分野(食品衛生・公衆衛生に関する知識、安全衛生に関する知識、施設管理に関する知識、プロトコルに関する知識、ホテル関連法令に関する知識、宿泊業及び観光業の歴史に関する知識、環境問題対策、マーケティング、ホテルにおけるITの活用、宿泊業及び観光業に関する情勢)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

不動産の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧