資格のケンサク

インテリアプランナー

資格or検定
資格
難易度
★★★★☆
取得期間
2年
受験費用
学科試験と設計製図試験の受験料は26.250円、いずれか一つを受験する場合は22.050円となっています。
合格率
27.90%
試験回数
年1回
主催
(財)建築技術教育普及センター

インテリアプランナーってどんな資格?

インタリアプランナーはインテリアの企画・設計から工事監理まで、インテリアデザイン全般に関する業務をトータルに実践する専門家です。生活レベルに合わせたインテリア商品の選択・配置・公正などの住空間のトータルプランニング能力を認定します。試験はインテリア計画などの学科試験と設計製図試験があり、5年以内に両試験に合格し、インテリアに関する実務経験6年以上などの条件を満たすとインテリアプランナーとして称することができます。また資格取得後、5年ごとに建築技術教育普及センターの講習を受けて、資格を更新しなければなりません。企画・設計事務所、建築会社、インテリア施工会社などで勤務する人が多いですが、提案力やコミュニケーション能力を兼ね備えていると、企業内の評価も高く、独立開業の際にも役に立ちます。一級建築士の資格と併せて取得すれば、活躍の場がさらに広がります。

インテリアプランナーを取得すると出来る仕事

インテリアプランナー就職先

企画・設計事務所、建築設計事務所、建設会社、インテリアデザイン事務所、インテリア施工会社、インテリアショップ、ショールーム、デパート、住宅販売会社、住宅リフォーム会社、家具・家電メーカー、ハウスメーカーなど

インテリアデザイナー(インテリアプランナー)

住宅・オフィス・店舗・ホテル・学校・病院・船舶・航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナーです。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていきます。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍しています。

店舗デザイナー

商品の仕入れから宣伝、店舗全体の企画・管理まで含めて、店舗の空間演出を担う仕事です。展示スペースの図面のデッサン、小道具の効果やセットの作り方、空間構成・色彩バランス、商品の置き方、光の使い方などを考えます。

空間デザイナー

インテリアデザインと関連が強く、店舗やアーケードといった商業空間、一般住宅などの生活空間をどのように使うか提案する仕事です。商業空間の場合は、店舗の周辺を行き交う人の動きや気持ちを想定して、売場の構成や演出の工夫、商品のディスプレイ等を考えます。生活空間の場合は、そこに住む人が快適に過ごせるよう、工夫をこらします。

インテリアプランナーの特徴

インテリアプランナー登録

大学・短大・高等専門学校・専修学校などインテリア・建築過程を卒業した者でインテリアプランナー試験合格者は卒業後2~4年以上の実務経験を積むと、インテリアプランナーとして認定されます。また、一級・二級建築士と木造建築士資格取得者は実務経験なしでも認定され、商業施設士と一級インテリア設計士資格取得者は実務経験2年以上、実務のみの者は6年以上の経験でインテリアプランナーとして認定を受けられます。

更新講習

インテリアプランナー資格有効期限は5年間で、5年ごとに建築技術教育普及センターの講習を受けて更新しなければなりません。センターの講習は講義方式と自習方式の2種類があり、講義方式は1日、インテリア法規、インテリア新技術などを学習し、自習方式はセンターから送られてくるテキストより学習を行い、学習後、小論文を提出します。。更新講習受講手数料は18.900円、更新登録手数料10.500円が必要になります。

受験内容

【学科試験】
①インテリア計画、②インテリア装備、③インテリア施工、④インテリア法規、⑤建築一般
【設計製図試験】
①要求図書の種類、②設計課題の発表(2007年に実施された課題名:デザイン事務所のインテリア)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

不動産の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧