資格のケンサク

環境計量士

資格or検定
資格
難易度
★★★★★
取得期間
2年3ヶ月以上
受験費用
受験料は8.500円で、別途計量士登録のための手数料30.000円が必要です。
合格率
14.50%
試験回数
年1回
主催
経済産業省 産業技術環境局計量行政室

環境計量士ってどんな資格?

地方公共団体の代わりに計量器の検査をしたり、公害防止・環境保全など、大気、水質、土壌などの汚染濃度、騒音などの測定分析を行うための高度な専門知識と技術を証明する経済産業大臣認定の国家資格です。

資格は水質、土壌、大気の汚染濃度を測定分析する濃度関係と、音圧レベル、振動加速度レベルの計量・計量管理を行う騒音などを測定する騒音・振動関係の2種類があり、年1回実施されます。

資格を取得するには、国家試験に合格するか、独立行政法人産業技術総合研究所が行う計量教習を受講し、修了すれば取得できます。試験は年々内容がハイレベルになってきているため、難易度の高い試験として知られています。

環境計量士として活動するには、経済産業大臣の登録が必要になり、登録は実務経験がいるため、環境計量証明事務所や環境関連コンサルティング会社で経験を積みます。環境計量証明事務所では有資格者の配置が義務付けられているため、取得者のニーズは高いです。

環境計量士を取得すると出来る仕事

環境計量士就職先

環境計量証明事業所、コンサルティング会社、一般企業、研究所、環境調査会社、公害防止機器メーカーなど

環境計量士

計量器の整備、正確性の保持、計量方法の改善など、適正な計量のための環境保持をする仕事です。具体的には、濃度や騒音レベル、振動レベルを測り、工場や事業所などでの計量に問題がないよう必要な措置を行います。

環境分析技術者

大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる仕事です。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行います。

環境アセスメント調査員

道路開発や、工場建設など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価する仕事です。現地の川や雑木林などの利用状況、生物の生息状況などを調査し、事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための提案も行います。

環境保全エンジニア

自然環境の保全に関わるメーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大きく分かれます。

受験内容

【濃度関係】
①環境関係法規および化学に関する基礎知識、②化学分析概論および濃度の計量、③計量関係法規、④計量管理概論

【騒音・振動関係】
①環境関係法規および物理に関する基礎知識、②音響・振動概論・音圧レベル、振動加速度レベルの計量、③計量管理概論

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

不動産の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧