資格のケンサク

一級・二級建築士

資格or検定
資格
難易度
★★★★★
取得期間
2~7年
受験費用
受験料は15.100円となります。
合格率
一級建築士11.3%、二級建築士25.4%
試験回数
年1回
主催
(財)建築技術教育普及センター

一級・二級建築士ってどんな資格?

大都市のインテリジェントビル、デザイナーズマンション、郊外の一戸建て住宅まで、あらゆる建築物の設計などを行うプロフェッショナルのための国家資格で、建築士の資格は一級・二級建築士、木造建築士の3種類があります。

建築物が十分な機能と耐久性・安全性を持つように設計するための高度な知識と技術のほか、快適さ・ファッション性・オリジナリティーも要求されます。

一級建築士は国土交通省の免許を受け、小規模な個人住宅から構造ビル、学校、病院など延べ面積500平方メートルを超えるあらゆる建築物の設計・工事監理・建築確認申請・調査官低などを行い、二級建築士は都道府県知事の免許を受け、延べ面積500平方メートル以下の建築物の設計・工事監理等を行います。

試験はどちらも学科と設計製図の試験があり、学科は建築計画、建築法規、建築構造、建築施工の4科目で行われ、設計製図試験に不合格となった場合は申請により翌年まで学科試験の免除が受けられます。

受験者の多くが建築関連の仕事をしながら取得しており、センス・営業力・人柄があれば独立の可能性もあります。

一級・二級建築士の取得ができる機関

  • 生涯学習のユーキャン 教材購入プロモーション

一級・二級建築士を取得すると出来る仕事

一級・二級建築士 就職先

建築会社、工務店、建築士事務所、不動産会社、設計事務所など

建築士

一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工管理などに携わる仕事です。

建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行ったり、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への手続きや届け出も行います。

建築施工管理技士

鉄筋工事や大工工事、内装仕上げ工事などを含む建築工事の施工計画を作成し、現場での工事の進行を指揮・監督し、施工管理を行います。

一般・特殊建設業の営業所が必ず置く人材で、1級は大規模工事を扱い、2級は中小規模工事を扱います。

建築設備士

空調・換気・給排水衛生・電気・防災といった、建物設備の設計や工事監理を行う仕事です。

ソーラーシステムなどの新技術や、コンピュータの普及で複雑になる設備にも対応し、建築士に適切なアドバイスをします。試験を受けるには、空調・衛生工事会社、ゼネコン、設計事務所などで実務経験を積む必要があります。

受験内容

■二級
【学科】
①建築計画、②建築法規、③建築構造、④建築施工
【設計製図】
事前の公示課題で設計製図を行う(2007年度の課題は「住宅地に建つ喫茶店併用住宅
(木造2階建)」でした)
■一級
【学科】
①建築計画、環境工学、建築設備など、②建築法規、
③構造力学、建築一般構造、建築材料、④建築施工、建積算など
【設計製図】
事前の公示課題で設計製図を行う(2007年度の課題は「子育て支援施設のあるコミュニティセンター」でした)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

不動産の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧