資格のケンサク

ライフスタイルプランナー

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
3ヶ月
受験費用
基礎試験は10.000円、上級試験は15.000円で、いずれも合格後の登録には別途15.000円が必要です。
合格率
約70%
試験回数
年1回
主催
輸入住宅産業協議会

ライフスタイルプランナーってどんな資格?

輸入住宅の購入者などに対して、各国のライフスタイルに基づいたより快適なより豊かな住まいづくりを提案・アドバイスをするために必要な資格です。

欧米諸国の生活文化やインテリア、ガーデニング、国内の規則、税金など幅広い知識が求められます。

試験は筆記試験のみの基礎と実技試験も行われる上級試験があり、基礎はライフスタイル、インテリア、ガーデニング、輸入住宅、コンサルティングなどに関する基礎的知識が問われ、上級は住宅販売に伴う法規制、税金、クレーム処理などのほかに、住宅空間の構成・作図の実技試験が行われます。

また、基礎試験に合格し、登録するとライフスタイルプランナーの称号が得られ、5年ごとに登録更新を行わなければならないので、5年の間に8単位以上を講習受講で種痘する必要があります。

輸入住宅業界だけではなく、日本の住宅業界にも活躍の場は広がっており、資格手当を支給する企業もあり、キャリアアップに活かすことができます。

ライフスタイルプランナーを取得すると出来る仕事

ライフスタイルプランナー就職先

建築設計事務所、建設会社、不動産会社、住宅メーカー、内装会社、インテリアショップ、ショールーム、ホームセンター、インテリアデザイン事務所、デザイン会社など

ライフスタイルプランナー

住宅関連企業にて輸入住宅に関する知識を生かし、居住者の希望に応じた住まいづくり、たとえば住宅を構成するインテリア、ガーデニング、さらに快適な暮らし方までをアドバイス、提案する仕事です。

住宅メーカー営業

住宅専門のメーカーでは、自社で開発した住宅や注文住宅などを請け負い、建設します。ショールームや見本住宅などで接客をし、営業をするケースが多いが、担当地域を回って、リフォームや建て替えなどの営業を行うこともあります。営業が顧客の希望や思い、予算をしっかり聞き出し、それに沿ったプランを設計に依頼。受注した後は、建築のスケジュール管理を行い、引渡しまで責任を持ち、営業によっては簡単な設計図は自ら引くこともできる知識を持っている人もいれば、まったく建築とは関係ない勉強をしてきて、営業を行っている場合もあります。

受験内容

【基礎試験】※筆記
①ライフスタイルに関する知識
②インテリアに関する基礎的知識
③ガーデニングに関する基礎的知識
④輸入住宅に関する基礎的知識
⑤コンサルティングに関する専門知識
【上級試験】
<筆記>住宅販売に関する専門的知識
<実技(小論文・作図)>住宅空間計画と作図の基礎的技術

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

不動産の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧