資格のケンサク

木造建築士

資格or検定
検定
難易度
★★★★☆
取得期間
0~7年以上
受験費用
受験料は15.100円となります。
合格率
32.60%
試験回数
年1回
主催
(財)建築技術教育普及センター

木造建築士ってどんな資格?

3種類ある建築士資格の一つで、1階または2階建て延べ面積300平方メートル以下の木造建築物に対し、設計・工事監理を行う伝統的木造建築物の品質を保守するための国家資格です。

試験は建築計画・建築法規・建築構造・建築施工の4科目からなる学科試験と設計製図試験が行われ、学科試験合格者が設計製図試験を受験でき、設計製図試験が不合格となった場合には、申請により翌々年まで学科試験の免除が受けられます。

また、二級建築士試験との併願も可能です。受験者は建築学科などの学生が圧倒的に多く、資格取得後は大工として技能業務に就いたり、建築関連企業で現場に精通した社員として能力を発揮したり、手に職があるので独立開業する者が多いです。

木造建築士を取得すると出来る仕事

木造建築士就職先

建築会社、工務店、建築士事務所、不動産会社、設計事務所など

建築士

一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工管理などに携わる仕事です。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行ったり、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への手続きや届け出も行います。

建築施工管理技士

鉄筋工事や大工工事、内装仕上げ工事などを含む建築工事の施工計画を作成し、現場での工事の進行を指揮・監督し、施工管理を行います。一般・特殊建設業の営業所が必ず置く人材で、1級は大規模工事を扱い、2級は中小規模工事を扱います。

大工

家屋や橋の築造をする仕事です。建築士の描いた図面にもとづき、施工管理士の指示を得ながら実際に建築物を組み立てていきます。家屋大工のほかに、伝統的な建築物を専門に手がける宮大工、数寄屋大工などがあります。

受験内容

【学科】
①建築計画、②建築法規、③建築構造、④建築施工
【設計製図】
事前の公示課題で設計製図を行う(2007年度の課題は「専用住宅(木造2階建)」でした)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

不動産の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧