資格のケンサク

宅地建物取引主任者

資格or検定
資格
難易度
★★★★☆
取得期間
6ヶ月~
受験費用
受験料は7.000円で、スクール・通信講座の受講料は模擬試験の受験料が含まれている場合が多く、50.000~200.000円となります。
合格率
17.10%
試験回数
年1回
主催
(財)不動産適正取引推進機構試験部

宅地建物取引主任者ってどんな資格?

宅地や建物の売買や交換、貸借の代理や媒介など不動産取引が行える国家資格です。

不動産取引における重要事項のを説明し、契約の際には契約書に署名・押印するこの業務は宅地建物取引主任者の独占業務であり、そのために人気がある資格です。

宅地建物取引業者は宅地建物取引業法により従業員5人に1人の割合で、宅地建物取引主任者を置くことが義務付けられていることもあり、不動産業界だけではなく、金融機関や小売業、外食産業などでも店舗開発担当者として歓迎されます。

また、企業によって、資格手当を支給したり、昇給・昇格の条件にしているところも多く見られます。

不動産会社に勤めている人以外でも、自分でマンションを購入したり、不動産運用を考えている人にもお勧めで、就職活動対策で受験する学生や自己啓発の意味で受験する主婦の方もいます。

宅地建物取引主任者の取得ができる機関

  • 生涯学習のユーキャン 教材購入プロモーション
  • 資格の大原

宅地建物取引主任者を取得すると出来る仕事

宅地建物取引主任者 就職先

建設会社、マンション管理会社、不動産会社、住宅関連設備メーカー、ハウスメーカー、銀行、生命保険会社、損害保険会社、小売店など

宅地建物取引主任者

宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結する際の、重要事項(権利関係や法的な制限、取引条件)の説明や、重要事項説明書や契約書への記名や捺印を主な業務とします。

不動産企画開発

分譲マンション、オフィスビル、戸建て住宅用に有望な土地を発掘し、収益やリスクを算定し土地を仕入れ、建物の仕様、販売価格、販売方法など、不動産商品としてのプロジェクトにまとめていく仕事です。

営業

取引先の開拓と、営業活動を行います。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業など様々です。

どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事となります。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなるでしょう。

ファイナンシャルプランナー

収入や借り入れ、家族構成、資産等の情報から、顧客の資産に応じた貯蓄、投資等のプラン立案や相談など資産運用等に関する総合的なアドバイスを行います。

ファイナンシャル・プランナーは銀行や生・損保、証券を中心とした金融機関に始まり不動産、ノンバンク、流通系の企業でも導入されています。

宅地建物取引主任者の特徴

宅地建物取引主任者資格登録

宅地建物取引主任者資格試験の合格者で、宅地建物取引業の実務経験2年以上ある者、国土交通大臣の登録を受けた実務講習実施機関にて宅地または建物の取引に関する実務講習を修了した者、国・地方公共団体などで宅地または建物の取得または処分の業務に通算2年以上従事した者が、宅地建物取引主任者として登録できます。

実務講習を行う機関は12団体あり、(財)不動産流通近代センター、㈱東京リーガルマインド、TAC㈱、アットホーム㈱などで受講できます。

受験内容

※四肢択一、筆記試験
①土地の形質・地積・地目・種目・建物の形質・構造・種別
②建物の権利、権利の変動に関する法令
③土地・建物についての法令上の制限
④宅地・建物についての税法
⑤宅地・建物についての需給法令・実務
⑥宅地・建物の価格についての評定
⑦宅地建物取引業・関連法令

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

不動産の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧