資格のケンサク

AEA認定エステティシャン

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
1年以上
受験費用
受験料は1次試験が12.000円、2次試験が15.000円となります。
合格率
未公表
試験回数
年2回
主催
日本エステティック業協会(AEA)

AEA認定エステティシャンってどんな資格?

高水準の知識と接客マナー、技術を持ち、顧客から信頼を得られる全身美容の専門家エステティシャンを養成する目的で日本エステティック業協会(AEA)が実施されている資格です。

2006年8月より受験資格が変わり、AEA認定エステティシャンは受験日時点で18歳以上のフェイシャル・ボディに関してそれぞれ実務経験2年以上の者が受験できます。

この他にAEA認定校で指定のカリキュラムを修了した者が受験できるAEAベーシック認定エステティシャンと、AEA認定エステティシャン資格取得後2年以上の実務経験があると受験できるAEA認定インターナショナルエステティシャンなどがあります。

試験は1次の筆記試験と2次の実技試験があり、筆記試験は死したくいつのマークシート方式にて解答します。健康や美への関心の高まりを受けて、成長し続けているエステティック業界は高齢社会の進展に伴い、市場規模も確実に広がることが見込まれます。

エステティックサロンや美容室などで経験を積み、独立開業する人も少なくありません。ネイルやメイクアップ関係の資格を併せて取得すれば、活躍の範囲が広がります。

AEA認定エステティシャンを取得すると出来る仕事

AEA認定エステティシャン就職先

エステサロン、美容室、ホテルなど

エステティシャン

皮膚のトリートメント、メイクアップ、痩身、脱毛、ネイルケアなどカウンセリングをして、客の目的と体質、性格にあったプログラムを組み業務を行います。

精神的な安らぎを求めてサロンを利用する客も多いのでカウンセラー的な役割も大きいです。国際美容団体シデスコか国際エステティック連盟というインファの国際ライセンスを取得すれば海外で活躍することも可能です。

受験内容

【筆記試験】四肢択一、マークシート方式
問題集VOL..2と問題集VOL.3の選択制
※2008年1月10日実施以降、問題集VOL.3からのみ出題されます。
【実技試験】
①フェイシャル・・・身だしなみ、接客、準備・片付け、衛生・消毒、口頭試問、クレンジング、マッサージ、、パック、整肌・仕上
②ボディ・・・身だしなみ、接客、準備・片付け、衛生・消毒、口頭試問、技術

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ファッションの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧