資格のケンサク

カラーコーディネーター検定R

資格or検定
検定
難易度
★★☆☆☆
取得期間
3ヶ月~1年
受験費用
1級9.180円、2級7.140円、3級5.100円となっています。
合格率
2級27.3%、3級55.6%
試験回数
年2回
主催
東京商工会議所 検定センター

カラーコーディネーター検定Rってどんな資格?

赤色は情熱の色で精神を高揚させる効果があるなど、色の特性や調和理論を正しく理解し、ファッション・グラフィック・パーソナルスタイリング、商品開発・販売促進、建築・インテリア公共空間のデザイン等の色彩のコーディネートをする技能や、色彩技能を指導する色彩関連の定番試験です。

試験は東京商工会議所が年2回実施しており、3~1級の3段階があります。3・2級は色彩の物理学や生理学、心理学などの総合的な知識が問われ、1級では色彩学の応用知識、ファッション・商品・環境色彩の中から一つを選択して受験します。

ファッションからインテリア・雑貨・食品など、あらゆるところで色彩は使われており、活躍の場は無限にあります。デザイン関係の企業では色調センスをもった人材を求めているので、就職・転職時にアピールできるほか、食品・衣料品・住宅などの企業の商品開発・広報・営業などでも能力を発揮することができます。

実力次第では、顧客の似合う色をアドバイスするコンサルタントの仕事などのフリーランスの道も可能性があります。

カラーコーディネーター検定Rの取得ができる機関

  • 生涯学習のユーキャン 教材購入プロモーション
  • 資格の大原

カラーコーディネーター検定Rを取得すると出来る仕事

カラーコーディネーター検定R 就職先

カラーコンサルティング会社、一般企業、広告代理店、デザイン事務所、インテリアショップ、アパレルメーカー、建築会社、化粧品メーカー、百貨店、ヘアサロン、ネイルサロンなど

カラーコーディネーター

ファッションやスタイリングに関するカラーコーディネーション、商品開発・提案、建築・インテリアなどに関しての色彩コンサルティングを行います。

ファッション業界以外でも、企業の色彩戦略、商品開発、接客・販売に関する色彩提案、店舗などの色彩空間演出、建築・インテリアの色彩計画、街並みの色彩環境調査など様々な分野で必要とされている職種です。

カラーリスト

色彩のスペシャリストで、活躍分野は多岐にわたり、個人を対象に肌や髪の色を診断し、その人に最も似合う色を提案する仕事や、商品のイメージカラーを打ち出したり、オフィスのインテリアを色彩面から提案したりと企業内で活躍する道もあります。

ビューティアドバイザー

お客の顔立ちや健康状態、年齢、好みに合わせたメイク法やスキンケアについてのアドバイスと化粧品の販売、メークの実演をする仕事です。

化粧品業界では春、秋に一大キャンペーンをはり自社製品の拡販を図るが、ビューティーアドバイザーは販売と美容技術のプロとしてその最前線に立ちます。仕事は、店舗販売、訪問販売の2つのスタイルがあります。

ヘアメイクアーティスト

写真やCMなどの撮影時や、舞台・ショーなどの時に、タレントやモデルのヘアスタイルとメイクを専門に担当する仕事です。

求められるイメージにあわせ、様々にアレンジできる技術はもちろんのこと、時代の先端をいくセンスや感性も必要です。結婚式場などで、花嫁のヘア・メイクを手がけるなど、活躍の場も広くあります。

カラーコーディネーター検定Rの特徴

受験対策セミナー

各地の商工会議所で法律家の専門講師によるビジネス実務法務検定各級の試験対策セミナー・講座を実施しています。

主に2・3級を目指す方のためのセミナーが多く見られ、試験の出題範囲に沿った内容の講義・ポイント解説を行っています。セミナーは全て定員制で、日程・時間・日数・受講料などは各商工会議所により異なりますが、受講するには10.000円~30.000円程度かかります。

コラム

海外でも注目されているカラーコーディネーター検定試験の特徴・試験内容・勉強のポイント、東京商工会議所認定講師の勉強方法・合格体験記・検定試験の活かし方・検定試験の魅力などを掲載しているコラムが好評です。これから検定試験を受ける方や興味がある方などに役立つ充実した情報を毎月更新されています。

受験内容

【3級】(マークシート方式)
①色の性質、②色と心理、③色を表し・伝える方法、④配色と色彩調和、⑤光から生まれる色、⑥色が見える仕組み、⑦色の測定、⑧混色と色再現、⑨色と文化

【2級】(マークシート方式)
①カラーコーディネーションの意義(色彩の情緒性と識別性、カラ-コ-ディネ-ションに求められる基本的要素、商業行為における活用と考慮事項)、②色彩の歴史的発展と現状(色彩科学の歴史的展開、近代デザインと色彩、民族と色彩、自然界の色彩的特徴)、③生活者の視点からの色彩(「色の見え」に影響を与える要因、色彩と照明、照明による色彩の演出、分光分布と色彩知覚、色彩の法的規制)、④生産者の視点からの色彩(色材の基礎知識、色の測定と表示、色の差の測定と表示、流行色)、⑤カラーコーディネーターの視点(カラ-リサ-チの理論と手法、カラ-コミュニケ-ション、色の意味と配色、色彩調和、自動配色の展開手法、配色の類型と用語、カラ-コ-ディネ-ションの実例)

【1級】(記述式、マークシート方式)
①ファッション色彩(ファッションカラ-の定義と重要性、身体色の特徴、ファッションと色彩文化、ファッション&メ-キャップの色彩と配色、ファッションカラ-の品質管理、ファッションカラ-の調査と手法、流行色の意義と変遷、ファッションビジネスにおけるカラ-コ-ディネ-タ-の役割、ファッションビジネスにおける色彩計画の実際、化粧品メ-カ-のマ-チャンダイジングと色彩計画、衣服と化粧のカラ-コ-ディネ-ト、ファッションカラ-の色彩調和)、②商品色彩(経営と色彩、経営に色彩を活かすための諸デ-タの整備
商品の色彩計画のための理論と実践、色彩の材料および技術の開発動向、商品・インテリアの色彩計画)、③環境色彩(環境色彩とカラ-コ-ディネ-ション、カラ-コ-ディネ-ションの方法とそのプロセス、建築計画、環境計画、カラ-コ-ディネ-ションのための材料知識、環境色彩の基礎知識)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ファッションの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧