資格のケンサク

IBF認定国際メイクアップアーティスト

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
6ヶ月以上
受験費用
受験料は10.500円、再受験料5.250円ですが、合格後にIBFの正会員として登録料31.500円と年会費12.600円が必要になります。
合格率
75%
試験回数
年4回
主催
IBF(国際美容連盟)日本本部事務局

IBF認定国際メイクアップアーティストってどんな資格?

IBF(国際美容連盟)は国際的に活躍するメイクアップアーティストやスペシャリストによりリードされ、立ち上げられた美容業界の発展と人材育成を努める団体で、プロのメイクアップアーティストとして活躍するための実践的な技術を審査します。

試験は年4回筆記と実技試験が行われ、科目ごとに合否が判定され、基礎テクニックとTPOを合わせてメイクを施せる能力を判定します。

資格を取得するにはIBF指定のスクール(N.Y. Make-up Academy)で6ヶ月間受講・修了した者が認定試験を受験でき、合格すると一定の基準をクリアした実力を持つIBF認定国際メイクアップアーティストとしての資格を得られます。

化粧品会社、メイク専門のプロダクション、美容関係のインストラクターなどで活躍できるほか、実力次第では独立開業の可能性もあります。また、美容師とネイル関係の資格と併せて取得していると、キャリアアップにも役立ちます。

IBF認定国際メイクアップアーティストを取得すると出来る仕事

IBF認定国際メイクアップアーティストライセンス認定試験就職先

映画会社、化粧品メーカー、結婚式場、テレビ局、美容室など

メイクアップアーティスト

テレビ、雑誌、CM、ポスター、ファッションショー、映画などのモデル、タレント、俳優などのメイクを手がける仕事です。

メイクは、役柄や求められる雰囲気づくりに対して深く関わる重要なポイントになっています。最近では、よりアート性を重視したものや、映画の特殊メイクなどの分野でも活躍しています。

ヘアメイクアーティスト

写真やCMなどの撮影時や、舞台・ショーなどの時に、タレントやモデルのヘアスタイルとメイクを専門に担当する仕事です。

求められるイメージにあわせ、様々にアレンジできる技術はもちろんのこと、時代の先端をいくセンスや感性も必要です。結婚式場などで、花嫁のヘア・メイクを手がけるなど、活躍の場も広くあります。

特殊メイクアーティスト

映画や舞台、テレビドラマの出演者に対し、役柄に合ったメークを施す仕事です。

架空の人物を作り上げるにあたり、創造力、独創性は必須になります。また、メークを施される人物の骨格や肉付きを考慮し、よりリアルに見えるメークを開発していく技術や知識も欠かせません。

美容師

一人ひとりの客の個性や注文に合うヘアスタイルに仕上げる仕事です。

シャンプー、カット、パーマ、カラーリングのほかメイク、着付け、ネイルケア、全身美容など数多くのサービスを提供します。ファッションショーや雑誌の撮影で活躍する美容師もいます。

ビューティアドバイザー

お客の顔立ちや健康状態、年齢、好みに合わせたメイク法やスキンケアについてのアドバイスと化粧品の販売、メークの実演をする仕事です。

化粧品業界では春、秋に一大キャンペーンをはり自社製品の拡販を図るが、ビューティーアドバイザーは販売と美容技術のプロとしてその最前線に立ちます。仕事は、店舗販売、訪問販売の2つのスタイルがあります。

IBF認定国際メイクアップアーティストライセンス認定試験の特徴

科目合格制度

2006年10月より導入された制度で、「実技」「筆記」ごとに合否判定が行われます。

1科目合格者は次回以降6ヶ月以内に不合格科目を再受験しなければ合格とならず、6ヶ月以降になると、両科目を受験しなければなりません。また、IBF正会員登録をするには両科目合格が必須となります。

受験内容

IBF認定校N.Y. Make-up Academyにてホームスタディコース(通信)とインスティテュートコース(通学)を受講します。
①基本編(スキンケア、ベースメイク、パーツ別メイク)、②応用編(メイクのバリエーション)、③フリーカリキュラム(自由課題、旬のメイク)、④認定試験対策、⑤卒業制作 といった内容で習得していきます。

試験にはモデルを同伴します。

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ファッションの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧