資格のケンサク

ジュエリーコーディネーター(JJA-JC)

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
4ヵ月
受験費用
1級1次10.000円、2次5.000円、2級3科目13.000円、2科目10.000円、1科目5.000円、3級9.000円となっています。
合格率
58%
試験回数
年2回程度
主催
(社)日本ジュエリー協会

ジュエリーコーディネーター(JJA-JC)ってどんな資格?

ジュエリーについての専門知識を持ち、消費者のニーズに対応しながら商品説明やアドバイスをすることができる販売員を育成するための実施されている資格です。

試験は1~3級の3段階があり、3級の場合は年2回試験が行われ、通信講座などで学んでから受験する人が多いです。

ジュエリーコーディネーターは宝飾に関する専門家であることが客観的に証明されるので、非常に価値のある資格であり、取得すれば、専門的な知識に基づいてアドバイスが可能になります。信用性も増し、顧客も安心して購入でき、販売力アップにも繋がります。

なお、資格には5年間の有効期限があり、更新するには所定の講習を受講することが必要です。

ジュエリーコーディネーター(JJA-JC)を取得すると出来る仕事

ジュエリーコーディネーター(JJA-JC)就職先

宝石店、百貨店、ジュエリーメーカー、小売店など

アクセサリーデザイナー

宝石類や金、銀、プラチナなどの素材を使用し、リング、ネックレス、ブローチなどのジュエリーをデザイン、または製作までを担当する仕事です。デザインセンスはもちろん、消費者ニーズに素早く対応できる敏感さも求められます。

ショップ店員

アパレル、雑貨など小売店で、販売、接客や商品管理を行います。ディスプレイやラッピングの技能はもちろん、店舗の売上げを大きく左右する接客コミュニケーション力など、個々の実力が期待される仕事です。

受験内容

■3級(マークシート方式)
①総合(ジュエリー概論、ジュエリー産業論)、②素材(宝石の基礎知識 ・ダイヤモンド、カラー・ストーン等)、③製造(デザインの基礎、製造・加工・修理の基礎知識)、商品(商品概論、商品知識)、④販売(販売の基礎知識、コーディネート)
■2級(マークシート方式)※3年以内に3科目の合格が必要です。
①総合(近代日本におけるジュエリー産業発展史、ジュエリーの価値等)、②素材(宝石のウィークポイント等)、③製造(貴金属のテクスチャーと石留め等)、商品(ジュエリー様式論、知的財産権)、販売(販売知識等)
■1級
【1次試験】(記述式・論文式)
【2次試験】(実技、面接、質疑応答)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ファッションの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧