資格のケンサク

JNAネイリスト技能検定試験

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
3ヶ月~6ヶ月
受験費用
1級10.000円、2級8.000円、3級6.000円となっています。
合格率
87.11%
試験回数
年2回
主催
NPO法人 日本ネイリスト協会

JNAネイリスト技能検定試験ってどんな資格?

1997年から日本ネイリスト協会(JNA)が実施する、ネイルケアやカラーリング、つけ爪などの正しい知識と技術の向上を目的都市国際的に通用するネイリストの育成を目標とした資格で、もとは米国で誕生した資格制度です。

試験は年2回実施で1~3級の3段階があり、各級とも筆記試験と実技試験が行われます。

未経験者はネイルケアやアートに関する専門知識を専門学校や養成講座などで学習することが合格への近道です。

業界でも知名度が高く、2級以上を取得すると就職・転職の際にアピールできますが、最近では1級有資格者ではないと採用しないサロンも増えてきているので、1級を取得すれば、高度な技能を持つネイリストとしての評価されます。

また、1級を取得後、さらに上級の日本ネイリスト協会認定講師の資格を取得すると、スクール講師の仕事などができます。

JNAネイリスト技能検定試験を取得すると出来る仕事

JNAネイリスト技能検定試験就職先

ネイルサロン、美容室、エステティックサロン、化粧品会社など

ネイルアーティスト

ネイルサロンなどで、顧客の好みに応じたさまざまな爪のデザインをするスペシャリスですト。

髪や服の色に合わせたマニキュアを塗ったり、人工爪の装飾のほかにも、2枚爪など爪のトラブルを解決し、爪の形を矯正することも行います。

美容師

一人ひとりの客の個性や注文に合うヘアスタイルに仕上げる仕事です。

頭髪のカット、洗髪、セット、カラーリング、パーマなどのほか、日本髪の結い方や着付けや最新のヘアケアに関する相談も受けることも多いので、客を引きつけるコミュニケーション力や最新技術を身につける努力が必要です。

JNAネイリスト技能検定試験の特徴

検定対策セミナー

ネイリスト技能検定試験1・2級の受験対策を、試験日の前月に全国11都市18会場で実施しています。日本ネイリスト協会認定講師による講義と実習が行われます。参加は定員制になっており、受講料は一般8.000円、会員3.000円となっています。

受験内容

■3級
【実技試験事前審査】
①テーブルセッティング&消毒管理、②モデルの爪の状態
【実技試験】
①ネイルケア、②カラーリング
【筆記試験】
①衛星と消毒、②爪の構造(皮膚化学)、③、爪の異常と病気(爪の生理学)、④ネイルケアの手順

■2級
【実技試験事前審査】
①テーブルセッティング&消毒管理、②モデルの爪の状態、③チップの状態
【実技試験】
①ネイルケア、②チップ&ラップ、③カラーリング、④ネイルアート
【筆記試験】
①衛星と消毒、②爪の構造(皮膚化学)、③、爪の異常と病気(爪の生理学)、④ネイルケアの手順、⑤リペアの種類及びチップ&ラップの手順、⑥接客

■1級
【実技試験事前審査】
①テーブルセッティング&消毒管理、②モデルの爪の状態、③チップの状態
【実技試験】
①ネイルエクステンション(スカルプチュアネイル、チップ&オーバーレイ)、②ネイルアート(ミックスメディアアート)
【筆記試験】
①衛星と消毒、②香粧品学(材料、内容成分、効果等)、③爪の構造(皮膚化学)、④爪の異常と病気(爪の生理学)、⑤ネイルケアの手順、⑥イクステンションの手順、⑦その他実践的施術全般、⑧接客マナー

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ファッションの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧