資格のケンサク

シューフィッター

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
4ヵ月
受験費用
養成セミナー(プライマリーコース)の受講料はテキスト他材料費を含み、東京の場合は99.750円、神戸の場合は119.250円となります。
合格率
約80%
試験回数
年6回
主催
足と靴と健康協議会

シューフィッターってどんな資格?

足に関する基礎知識と靴合わせの技能を有し、顧客の足にフィットする靴を選ぶ専門家を認定する資格です。

足に負担のかかる靴やサイズが合ってない靴が原因で、足の疾病(外反母趾や靴ずれ等)に悩む人は若い女性を中心に多いです。シューフィッターはそのような悩みを解消してくれるプロフェッショナルです。

資格はプライマリー、バチェラー、マスターの3ランクがあり、まず実務経験がなくても受講できる3ヶ月の通信教育と3日間のスクーリングで構成されている初級の「プライマリーコース」を受講し、足型採寸の実技試験と靴や足に関する基礎知識の筆記試験に合格し、修了後3年以上実務経験を積むと「プライマリー」資格が取得できます。

各販売店に1人はほしい人材なだけに、業界での有資格者へのニーズは高く、就職・転職にも大変有利です。靴の専門店や百貨店で販売・アドバイザーとして活躍する人が多いです。

シューフィッターを取得すると出来る仕事

シューフィッター就職先

シューズショップスタッフ、百貨店、アパレルメーカーなど

シューフィッター

足に関する基礎知識と靴合わせの技能を有し、靴の専門店などで正しい靴の選び方、歩き方などをアドバイスし、足の疾病予防の観点から正しく合った靴を販売する仕事です。まず顧客の足のサイズを正しく測り、その人にあった靴を選び、歩き方の癖や靴の履き方などから、より安定するよう靴底などで調整します。また、靴が合わない、足が痛いなどの相談にも応じます。

靴デザイナー

靴の材質はもちろん、形を総合的にデザインするのが仕事で、ファッション性以外にも、人間の足の構造や動きをよく理解し計算したデザインが求められます。商品がヒットすれば、靴メーカーと契約を結ぶことも期待できます。

ショップ店員

アパレル、雑貨など小売店で、販売、接客や商品管理を行います。ディスプレイやラッピングの技能はもちろん、店舗の売上げを大きく左右する接客コミュニケーション力など、個々の実力が期待される仕事です。

受験内容

【プライマリーコース】※スクーリング、通信教育ともに修了後、筆記試験を実施
①足型測定の講義・実習、②人間工学、③足への影響、④足の病気、⑤靴の知識、
⑥フィッティング、パッキング・ワーク実習

【バチェラーコース】※6ヶ月の通信教育の最終月にスクーリングと筆記試験を実施
①簡単な足の構造知識、②足の機能、③足の計測

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ファッションの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧