資格のケンサク

色彩技能パーソナルカラー検定

資格or検定
検定
難易度
★★☆☆☆
取得期間
3ヶ月以上
受験費用
モジュール1は7.000円、モジュール2は11.000円となっています。
合格率
約70~80%
試験回数
年2回
主催
特定非営利活動法人(NPO)日本パーソナルカラー協会

色彩技能パーソナルカラー検定ってどんな資格?

パーソナルカラーを学習したい人、カラリストやカラーコーディネーターなど色彩に関する仕事を目指している人の登竜門として、2003年からスタートしたNPO日本パーソナルカラー協会実施の検定試験です。

アパレル、ヘアメイク、インテリア、エクステリア、店舗のディスプレイ、フラワーなど、生活空間の多岐にわたる実践的な色を使いこなせる技能を認定します。

試験は年2回実施の基本を試すモジュール1と、実践力を試すモジュール2があり、モジュール2の合格者はパーソナルカラーアドバイザーとして認定されます。

取得後はカラー診断を行うコンサルティング関連会社、サロン、化粧品メーカー、アパレル会社、ネイル関連サロンなど様々な場所で能力を発揮できます。また、経験を積めば、フリーで活躍することも可能です。

色彩技能パーソナルカラー検定を取得すると出来る仕事

色彩技能パーソナルカラー検定就職先

カラーコンサルティング会社、一般企業、広告代理店、デザイン事務所、インテリアショップ、アパレルメーカー、建築会社、化粧品メーカー、百貨店、ヘアサロン、ネイルサロンなど

カラーコーディネーター

ファッションやスタイリングに関するカラーコーディネーション、商品開発・提案、建築・インテリアなどに関しての色彩コンサルティングを行います。

ファッション業界以外でも、企業の色彩戦略、商品開発、接客・販売に関する色彩提案、店舗などの色彩空間演出、建築・インテリアの色彩計画、街並みの色彩環境調査など様々な分野で必要とされている職種です。

カラーリスト

色彩のスペシャリストで、活躍分野は多岐にわたり、個人を対象に肌や髪の色を診断し、その人に最も似合う色を提案する仕事や、商品のイメージカラーを打ち出したり、オフィスのインテリアを色彩面から提案したりと企業内で活躍する道もあります。

カラーセラピスト

身体や心に深く作用する色彩の効果を利用して、人を癒したり、元気にする専門家です。色のついたカードやカラーボトルなどを使いながら心の状態を読み取り、心身の状態を改善していくための色彩活用のアドバイスを行います。

受験内容

【モジュール1】筆記試験(マークシート)
【モジュール2】筆記試験(マークシート、一部記述)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ファッションの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧