資格のケンサク

CFM(米国公認財務管理士)

資格or検定
検定
難易度
★★★★☆
取得期間
6~9ヶ月
受験費用
パートⅠ~Ⅳまで4科目あり、1科目あたり235USドルとなり、登録料は75USドルです。
合格率
50~60%
試験回数
随時
主催
IMA(米国管理会計士協会)

CFM(米国公認財務管理士)ってどんな資格?

企業経営を担う人材育成のニーズを受けて、1996年からIMA(米国管理会計士協会)が実施している、企業財務のスペシャリストとなるための国際的な資格です。

試験はパートⅠ~Ⅳの4科目に分かれており、世界各国でコンピュータ方式による試験が行われ、その場で合否の確認が可能です。1科目ごとに受験ができますが、1回目の合格から4年以内に全科目を合格する必要があります。

また、米国公認管理会計士(CMA)のパートⅠ~Ⅳの合格者はパートⅡのみ受験するだけになることから、CMAを取得してからCFMを受験するのが一般的なようです。

企業の意思決定手段として会計が重要視されている現在、財務担当者として株式・社債の発行、企業の合併・買収など、財務面で企業経営を支えるCFMのニーズは高まっており、国際的な管理会計や経営管理能力を持ったスペシャリストとして社内外での大きなアピールとなるでしょう。

CFM(米国公認財務管理士)を取得すると出来る仕事

CFM(米国公認財務管理士) 就職先

投資信託会社、投資運用会社、証券会社、銀行、信託銀行、保険会社、投資顧問会社、コンサルティング会社、外資系企業、一般企業など

経営コンサルタント

企業などの経営についてコンサルティングを行います。顧客企業から依頼を受けて、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをするなど、経営上の問題を解決するための支援を行う仕事です。

経理

いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事です。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務を行います。仕事の範囲は広く、多岐にわたりますが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事になります。

財務

会社が経営を進めていく上で必要な資金を正しく算定し、最も有利な調達方法を経営者に提案する仕事です。株式の発行、銀行との折衝、M&Aなどを担当することもあります。

外資系スタッフ

外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれています。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要です。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視されます。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多いようです。

受験内容

【パートⅠ】ミクロ・マクロ・国際経済学、ファイナンス、米国内の諸規則、経営組織論
【パートⅡ】企業財務管理、財務諸表分析
【パートⅢ】管理会計、管理会計のうち原価計算・原価差異分析・予算作成、管理手法
【パートⅣ】意思決定会計、情報システム、定量分析

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

金融の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧