資格のケンサク

DCアドバイザー

資格or検定
検定
難易度
★★★★☆
取得期間
50時間~
受験費用
受験料はすべての分野を一度に受験する場合に10.600円となります。1分野受験は6.400円、2分野受験の場合は8.500円となります。
合格率
35%
試験回数
年2回
主催
確定拠出型年金教育・普及協会事務局

DCアドバイザーってどんな資格?

以前の年金制度確定給付型が新しくなり、2001年に導入された確定拠出型を活用するために必要な制度の仕組みや金融に関する知識などの専門知識を持った人を認定する試験です。

公的年金制度が改正されて、企業年金の充実も叫ばれる中、新しい確定拠出年金制度の始まりで注目度の高い資格です。

DCアドバイザーは具体的な資産活用法や投資方法、確定拠出年金制度導入・実施に当たってのアドバイスを行い、企業にとっては人事労務・財務・税務等経営全般、従業員にとっては資産運用・記入知識・リタイアメントプランなどの知識が要求されます。

試験は3分野で構成されており、分野ごとに合否が判定されます。また、合格者はDC協会に登録することにより、DCアドバイザーの資格が認定されます。

金融関連に携わる人にとっては、大変有効な資格となるほか、この資格以外にも社会保険労務士やファイナンシャル・プランナー、税理士、公認会計士などの資格と併せると、就職・転職には強力な武器になります。

DCアドバイザーを取得すると出来る仕事

DCアドバイザー就職先

銀行、信託銀行、保険会社、証券会社、生命保険会社、損害保険会社、投資信託会社、投資運用会社、投資顧問会社、一般企業、社会保険労務士事務所、コンサルティング会社など

人事

人事の仕事は大きく分けて4つあり、人事・教育・採用・労務です。人事部は企業内の異動や配属などのマネージメントを行います。これは企業の活性化にかかわる重要なポイントとなり、社員一人ひとりのパーソナル・データバンクとも言われるところで、それだけに責任重大な仕事です。

営業

取引先の開拓と、営業活動を行います。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業など様々です。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事となります。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなるでしょう。

社会保険労務士

労働保険、社会保険の新規加入手続からそ労働保険料の申告手続、社会保険報酬月額算定基礎届の定時申告や適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導、経営効率化のため、人事・労務管理全般に関する問題点の指摘・改善策の助言を行います。

ファイナンシャルプランナー

収入や借り入れ、家族構成、資産等の情報から、顧客の資産に応じた貯蓄、投資等のプラン立案や相談など資産運用等に関する総合的なアドバイスを行います。 ファイナンシャル・プランナーは銀行や生・損保、証券を中心とした金融機関に始まり不動産、ノンバンク、流通系の企業でも導入されています。

DCアドバイザーの特徴

試験直前対策セミナー

DCアドバイザー資格認定試験受験者の方、DC制度を勉強したい方などを対象に、確定拠出年金制度関連の傾向と対策を研究する集中講座が実施されます。当日は試験について、年金制度についての試験ポイント、質疑応答などが行われます。セミナーへの参加は定員制となっており、3.000円の受講料が必要です。開催地は東京のみで12月9日に実施されます。

受験内容

【第1分野】
①私的年金導入コミュニケーション、②確定拠出年金制度
【第2分野】
①私的年金制度とその周辺知識、②リタイアメントプラン
【第3分野】
①投資教育(基礎と実践)、②個人と企業のリスクマネジメント
※全分野とも、四肢択一式、マークシート方式です。

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

金融の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧