資格のケンサク

銀行業務検定

資格or検定
検定
難易度
★★★★☆
取得期間
受験費用
合格率
試験回数
主催

銀行業務検定ってどんな資格?

年間受験応募者が約30万人という金融業界定番の資格で、受験者の多くは銀行、保険、証券、ノンバンクなどの金融関係者ですが、学生も増えてきています。

試験科目は銀行、生保、損保、証券、法務、財務、税務、外国為替、ファイナンシャル・アドバイザー、投資信託、金融経済、窓口セールス、年金など20系統35種目あり、それぞれ級が設けられています。

過去問題を何度も解くなどの対策をしておけば、問題なく取得できるでしょう。現在、約900団体で人事資料として活用されており、業界内の知名度は非常に高いです。

銀行や金融関係の仕事についている方や目指している方はぜひ取得しておきたい資格の一つです。また、金融・財務面での専門性を認められるので、一般企業への就職にも有利です。

銀行業務検定 を取ると出来る仕事

銀行業務検定 就職先

銀行、保険会社、信託銀行、証券会社、生命保険会社、損害保険会社、投資信託会社、投資運用会社、投資顧問会社、コンサルティング会社、不動産会社、一般企業など

財務

会社が経営を進めていく上で必要な資金を正しく算定し、最も有利な調達方法を経営者に提案する仕事です。株式の発行、銀行との折衝、M&Aなどを担当することもあります。

営業

取引先の開拓と、営業活動を行います。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業など様々です。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事となります。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなるでしょう。

ファイナンシャルプランナー

収入や借り入れ、家族構成、資産等の情報から、顧客の資産に応じた貯蓄、投資等のプラン立案や相談など資産運用等に関する総合的なアドバイスを行います。 ファイナンシャル・プランナーは銀行や生・損保、証券を中心とした金融機関に始まり不動産、ノンバンク、流通系の企業でも導入されています。

受験内容

※2級は記述式、3級・4級はマークシート方式
【金融商品取引3級・2級】
金融商品取引法等の基礎知識、金融機関のリスク性商品、金融機関が販売・仲介できるリスク性商品、リスク性商品取扱いに関する行為規制、罰則規定など
【法務4級】
<必須>預金、手形・小切手、<選択>融資、内国為替から1科目選択
【法務3級】
預金、融資、手形・小切手、内国為替、選択問題(強制回収・付随業務・定期積金・民商法一般)
【法務2級】
預金、融資、手形・小切手
【財務4級】
財務諸表(簿記の基礎・取引を中心に,原則として会社法、会社法施行規則および会社計算規則)、財務分析(基本的な安全性分析・収益性分析)
【財務3級】
財務諸表(会社法、会社法施行規則および会社計算規則)、財務分析(安全性(資金繰りを含む)と収益性の分析およびその総合判断)
【財務2級】
財務諸表、財務分析
【税務4級】
税の常識、所得税(金融商品と税金・不動産所得・譲渡所得等)、相続税・贈与税、法人税、その他の税金(地方税・登録免許税・印紙税・消費税等)
【税務3級】
所得税(金融商品と税金・不動産所得・譲渡所得等)、相続税・贈与税、法人税、その他の税金(地方税・登録免許税・印紙税・消費税等)
【税務2級】
所得税、相続税・贈与税、法人税
【証券3級】
証券業務、証券発行市場、証券流通市場、資金調達・運用、その他
【証券2級】
証券制度、金融機関の証券業務、証券発行市場、証券流通市場、先物・オプション市場、短期金融市場、証券の税務・会計、その他
【外国為替3級】
基本問題、輸出為替、輸入為替、予約・為替相場、貿易外取引、資本取引・国際金融
【外国為替2級】
輸出為替、輸入為替、予約・為替相場、貿易外取引、資本取引・国際金融
【アシスタント・ファイナンシャル・アドバイザー】
基本知識、技能・応用(FA業務の基本、金利・相場等の見方、金融商品とポートフォリオの考え方、生活設計とマネープラン、保険・年金、税務(所得税,相続税・贈与税)、その他)
【ファイナンシャル・アドバイザー】
基本知識、技能・応用(FA総論、資産形成・資産運用、保険・年金等、税務(所得税,相続税・贈与税等)、事業承継、不動産活用、その他)
【信託実務3級】
信託の基礎、定型的な金銭の信託、従業員福祉に関する信託、証券に関する信託、資産流動化に関する信託、動産・不動産に関する信託、その他の信託・併営業務
【金融経済3級】
金融、経済、財政
【融資管理3級】
基本知識、技能・応用(融資管理通則、倒産の予知と対応、倒産時の対応、任意回収、担保権の実行による回収、仮差押え・仮処分、強制執行による回収、整理手続による回収、債権償却、その他)
【経営支援アドバイザー2級】
基本知識、技能・応用(金融機関と企業支援、企業支援と財務改善・経営革新、企業支援手法、企業支援と中小企業金融検査マニュアル、企業支援と法律・税金)
【預かり資産アドバイザー2級】
基本知識、技能・応用(預かり資産の商品知識・事務知識、マーケットの見方、預かり資産セールスの展開、預かり資産セールスとコンプライアンス)
【デリバティブ3級】
基本知識、先物取引・フォワード取引、オプション取引、スワップ取引、リスクほか
【窓口セールス3級】
窓口応対、業務知識、技能・応用
【年金アドバイザー4級】
年金の基礎、老齢給付、障害・遺族給付、セールス・その他
【年金アドバイザー3級】
基本知識、技能・応用
【年金アドバイザー2級】
社会保険制度の概要・沿革、公的年金制度の仕組み、年金給付と支給要件・年金額計算、企業年金・個人年金の仕組み、雇用・医療・介護保険制度、年金・退職一時金の税金、年金相談とその対応の仕方、その他
【確定拠出年金アドバイザー3級】
基本知識、技能・応用(公的年金制度と私的年金制度、確定拠出年金制度、投資とライフプランに関する基礎知識、確定拠出年金制度の導入推進と管理業務等)
【法人融資渉外3級】
基本知識、技能・応用(融資推進、情報収集と活用、企業の実態把握、資金ニーズの把握、融資プラン、融資の実行と管理・回収、コンプライアンス、保証協会の利用による融資推進、その他)
【法人融資渉外2級】
資金ニーズの把握、資金使途の検討、業界動向・特性の見方、財務分析・資金繰り分析、担保・保証、コンプライアンス、保証協会の利用による融資推進、その他
【個人融資渉外3級】
基本知識、技能・応用(使途別各種資金ニーズの把握、情報収集と活用、零細企業の資金ニーズの把握、融資プラン、ローン商品知識、ローン実行手続、担保・保証、その他)
【金融リスクマネジメント2級】
リスクマネジメントの基本、金融商品に関するリスク、営業店におけるリスク
【保険販売3級】
保険業務の基礎知識、生命保険商品取扱いの知識、損害保険商品取扱いの知識、保険販売業務知識
【投資信託3級】
基本知識、技能・応用(投資信託の仕組み、投資信託の運用、セールス上の留意点、マーケット感覚の養成、その他)
【投資信託2級】
投資信託の仕組み、投資信託の運用、投資信託のセールス・窓口業務、マーケット感覚の養成、その他
【営業店管理Ⅱ】
人事・組織管理、業務管理、営業推進、一般常識(金融・経済等の時事的問題)
【営業店管理Ⅰ】
経営の基本、人事・組織管理、事務管理、営業推進、業績管理、リスク管理、経営関連一般常識

銀行業務検定の取得ができる機関

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

金融の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧