資格のケンサク

IRプランナー

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
4ヶ月
受験費用
受験料は1科目2.100円、全科目8.400円となっています。講座の費用は入学金10.500円、受講料157.500円となります。
合格率
85.10%
試験回数
年4回程度
主催
特定非営利活動法人日本IRプランナーズ協会事務局

IRプランナーってどんな資格?

上場企業は株式などの資本市場において、個人投資家との信頼関係を構築する必要に迫られており、投資家向け広報活動であるIR(Investor Relations)に注目が集まっています。

IRプランナーは企業分析、資本市場、コンプライアンスなど金融系に共通して求められる企業価値などの知識を測るために設けられて資格です。

資格にはIR実務未経験者を対象としたIRプランナー(CIRP)と、1年以上の実務経験者を対象としたIRプランナーS級(CIRP-S)があります。受験するにはIRプランナー講座基礎コースを受講する必要があり、講座は資本市場、企業分析、情報開示とIR活動の3科目で構成されています。

科目ごとに4回の講義と終了時に試験が実施され、合格するとIRプランナーに認定されます。試験は科目ごとに合否が判定され、科目合格は講座受講後、3年間を有効とし、その間に受ける試験については合格した科目の免除が受けられます。

企業のIR担当者、金融や株式を学びたい人に適しており、様々な部門からの参加者が集まっています。

IRプランナーを取得すると出来る仕事

IRプランナー就職先

銀行、信託銀行、保険会社、証券会社、生命保険会社、損害保険会社、投資信託会社、投資運用会社、投資顧問会社、一般企業、コンサルティング会社など

経営コンサルタント

企業などの経営についてコンサルティングを行います。顧客企業から依頼を受けて、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをするなど、経営上の問題を解決するための支援を行う仕事です。

証券アナリスト

証券投資の情報を分析・評価、企業の調査分析、投資手法を用いた商品化、資判断基準となる基礎的材料の提供、投資に関するアドバイスなど、多様な投資意思決定のプロセスに参画します。

財務

会社が経営を進めていく上で必要な資金を正しく算定し、最も有利な調達方法を経営者に提案する仕事です。株式の発行、銀行との折衝、M&Aなどを担当することもあります。

経理

いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事です。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務を行います。仕事の範囲は広く、多岐にわたりますが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事になります。

受験内容

①資本市場(多肢選択式、記述式)
②企業分析(計算問題、多肢選択式、記述式)
③情報開示とIR活動(多肢選択式、記述式)
④総合問題(作文1000字程度)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

金融の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧