資格のケンサク

初生ヒナ鑑別師

資格or検定
資格
難易度
★★★★★
取得期間
1年半~3年半
受験費用
受験料は10.000円ですが、鑑別師養成所の入所試験費用、養成所での諸費用としてさらに100万円かかります。
合格率
約30%
試験回数
年1回
主催
(社)畜産技術協会 初生雛鑑別部

初生ヒナ鑑別師ってどんな資格?

孵化(ふか)したばかりのヒヨコのオス、メスを瞬時に判別するスペシャリストを認定する資格で、非常に鋭敏な指先の感覚が求められます。

現在は農村水産省の指導のもと、(社)畜産技術協会が実施しています。資格を取得するには、年1回3月に実施される入所試験を受けて、鑑別師養成施設に入所し、雌雄鑑別の理論と技術を5ヶ月間学んだ後、鑑別研修生として孵化場で1~3年の実地研修を積み、高等考査に合格することです。

入所試験では一般教養、適性試験、作文の学科と面接、書類審査が行われ、口頭審査は技術、学力、面接が実施されます。

日本人鑑別師は鑑別率99.5%以上と正確さで世界的に評価が高く、現在は海外へ派遣され、腕を振るうことになります。海外の派遣先は13カ国で、フランス、スペイン、ドイツ、イタリア、スウェーデン、ハンガリー、ベルギーなどヨーロッパが継続的に需要があります。

初生ヒナ鑑別師を取得すると出来る仕事

初生ヒナ鑑別師就職先

海外

受験内容

■入所試験
①筆記試験(一般教養、適正試験、作文)、②面接考査、③書類審査
■予備試験
卵用種、100×3(30分)
■高等考査
卵用種及び肉用種、500羽(卵用種400羽、肉用種100羽)×5(45分以内)
①技術、②学力、③面接

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

フラワー・ペットの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧