資格のケンサク

家畜人工授精師

資格or検定
資格
難易度
★☆☆☆☆
取得期間
約1ヶ月
受験費用
都道府県により異なりますが、受講料はテキスト代込みで20.000円程度が目安です。
合格率
未公表
試験回数
主催
各都道府県の畜産課、家畜保健衛生所

家畜人工授精師ってどんな資格?

家畜の人工授精(牛・馬・豚・めん羊・山羊など)または受精卵移植を行う専門家になるための、農林水産省認定資格です。

酪農地や養豚地で働くには必須のライセンスで、獣医師の資格を持っていれば、無条件でこの仕事を行うことができますが、それ以外は農林水産省が指定する者または都道府県が家畜の種類別に行う学科と実習からなる講習会の過程を修了し、修了試験に合格すれば資格を取得できます。

講習会は「家畜に関する講習会」「家畜人工授精及び家畜体内受精卵移植に関する講習会」「家畜人工授精並びに家畜体内受精卵移植及び家畜対外受精卵移植に関する講習会」の3種類があります。

家畜産部系の大学・短大で単位を履修している場合、一部科目の受講免除が受けられます。実績を積むと牛・豚を対象に開業したり、共済やJA(農業協同組合)などの職員として働くことができます。

家畜人工授精師の特徴

家畜人工授精師就職先

農地、牧場、家畜保健衛生所、市町村役所、食品メーカー、製薬会社、飼料メーカーなど

酪農家

農場や牧場などで、牛や豚、鶏などを飼育する仕事です。

乳製品にしたり、食肉用にしたり、安全でおいしい畜産品等を生産するため、飼育方法や飼料・環境を整え、家畜を育てていく、重労働ですが育てる楽しみがあります。

畜産技術者

豚や牛、鳥などの畜産農家にとって、効率的でかつ良質な食肉や食材を提供することは重要な課題で、そのため保健衛生や医療、設備技術に関する知識で畜産農家を支援する畜産技術者が不可欠な存在です。

例えば、畜産試験場では品種改良や新しいワクチンの研究などを行い、その情報を畜産農家に提供したり、都道府県の家畜保健衛生所のいる技術者は、病気を未然に防ぐ予防接種や伝染病の調査や対策方法などの情報提供を行います。

受験内容

※家畜の種類別に行う講習会の過程を修了し、修業試験を受けます。
※いずれも学科と実習が行われます。
①家畜人工授精に関する講習会
<島根県の場合>
【学科】畜産概論、家畜の栄養、家畜の飼養管理、家畜の育種、関係法規、生殖器解剖、繁殖生理、静止生理、種付けの理論、人工授精
【実習】家畜の飼養管理、家畜の審査、生殖器解剖、発情鑑定、精液精子検査法、人工受精
②家畜人工授精および家畜体内受精卵移植に関する講習会
③家畜人工授精ならびに家畜体内受精卵移植および家畜体外受精卵移植に関する講習会

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

フラワー・ペットの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧