資格のケンサク

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟インストラクター

資格or検定
検定
難易度
★☆☆☆☆
取得期間
1年~
受験費用
ベーシック16.000円、グラチュアリー19.000円、プロフェッショナル30.000円となり、別途、インストラクター登録料10.000円が必要です。
合格率
約80%
試験回数
年4~12回
主催
株式会社ヨーロピアンフラワーデザイン連盟

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟インストラクターってどんな資格?

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟が実施しているフラワーアレンジメントの指導者育成のための資格制度です。

資格を取得するには、通学制と通信制の2種類があり、通学制はベーシックライセンス、グラチュアリーライセンス、インストラクターライセンスの3ランク、通信制は2級ライセンス、1級ライセンスの2ランクからなっています。

ベーシックライセンス、グラチュアリーライセンス、2級ライセンスは2級インストラクターとして、インストラクターライセンス、1級ライセンスは1級インストラクターとして登録でき、それぞれ教室開講が可能になります。

検定試験は地区により異なりますが、年4~12回行われ、筆記試験・実技試験を受験します。趣味としてスクールに通っていた人が何年も経ってから資格に挑戦するケースがあるようで、受験者の年齢層は10~60代と幅広いです。

教室を開講する場合は連盟との面接がありますが、連盟がテキスト配布、講習会の実施、花材仕入先の確保、生徒の出欠席管理など、全面的にサポートしてくれます。

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟インストラクターを取得すると出来る仕事

ヨーロピアンフラワーデザイン連盟インストラクター就職先

フラワーショップ、ホテル、ディスプレイ会社、結婚式場、レストラン、スクールなど

フラワーコーディネーター

顧客の希望に合わせて花のアレンジをしたり、ホテルやレストラン、イベント・パーティー会場など、さまざまな場所に花を飾ることで、空間を華やかに演出するしごとです。また、花束のアレンジやブライダルブーケ、コサージュ、カゴ花の製作も行います。

フローリスト、フラワーショップ店員

花のプロとしてフラワーショップで働き、花の仕入れ、水揚げや保管、販売に携わるだけではなく、ブーケやアレンジを作ったり、依頼に応じてレストランや結婚式場、イベント会場などのディスプレイに出向くこともあります。

受験内容

■ベーシックライセンス
【筆記】学科テキストⅠより出題
【実技】①アレンジメント、②ワイヤリング、③リボンワーク
■グラチュアリーライセンス
【筆記】学科テキストⅡより出題
【実技】①アレンジメント、②コサージュ(リボンワーク含む)
■インストラクターライセンス
【筆記】学科テキストⅠ・Ⅱより出題
【実技】①アレンジメント、②文章アレンジメント、③ブーケ(リボンワーク含む)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

フラワー・ペットの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧