資格のケンサク

コーヒーマイスター

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
3ヶ月
受験費用
39,420円
合格率
40~50%
試験回数
随時実施
主催
一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会

コーヒーマイスターってどんな資格?

コーヒーマイスターは日本スペシャルティコーヒー協会が主催する資格です。

この資格を取得することで、コーヒーに対する深い知識や基本技術を習得することができ、プロのバリスタとして認められることになります。

資格取得をする為には、日本スペシャルティコーヒー協会が主催する「コーヒーマイスター養成講座」を修了。その後、認定試験に合格すると、コーヒーマイスターとして認定されます。

コーヒーマイスターを取得すると出来る仕事

コーヒーマイスター就職先

コーヒーショップ、カフェ、レストラン、ホテルなど

バリスタ

バリスタとはコーヒー淹れる職業、そしてその職業についている人のこと。

コーヒーマイスターは、コーヒーの歴史に始まり、生豆の見分け方、海外コーヒーの知識など、コーヒーに対して深く幅広い知識を要求される資格です。

コーヒーマイスターの資格を取得すると、コーヒーに関する専門家として周囲に認められることになります。

取得することで、スタッフとしてだけではなく、店長として店を運営したり、様々な経験にチャレンジすることも期待できます。

コーヒーマイスターの特徴

マイスターとは

マイスターとはドイツ語で「職人」を意味する言葉です。日本においても、何かを極めた人や職人に対して「マイスター」という呼称が付けられます。
コーヒーマイスターとは「コーヒー職人」を意味する資格。自分で店舗を持ちたい人から、趣味でコーヒーを極めたい人などにとって、「コーヒー職人」の呼称は必須なものとなるかもしれません。

受験内容

・コーヒーとカフェの歴史
・コーヒーの生豆
・コーヒーの産業・経済
・コーヒーの産地
・コーヒーの抽出技術と食器の知識
・コーヒーの科学と健康

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

料理・フードの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧