資格のケンサク

フードビジネスコーディネーター

資格or検定
検定
難易度
★★☆☆☆
取得期間
受験費用
合格率
試験回数
主催

フードビジネスコーディネーターってどんな資格?

【2級】
①フードビジネスコーディネート・・・食と社会、食品の流通、食の安全性、食と環境、調理理論に関する知識
②フードビジネスコーディネート・・・メニュープランニング、キッチンオペレーション、メニュープレゼンテーション、空間づくり、レストランデザイン、マーケティング、店舗開発、フードビジネスマネジメント、販売促進、ホスピタリティに関する知識
【1級】
①経営戦略の確立・・・現代企業の役割、経営理念の確立、企業文化について、企業の倫理観、コンプライアンス(法律遵守)、ビジョンの確立、経営戦略の確立
②マーケティング戦略の確立・・・マーケティングの定義、マーケティングの役割、マーケティング戦略の確立、競争優位戦略の確立、マーケティング計画と市場調査
③ビジネス・プラン戦略の確立・・・ビジネス・コンセプトの方針確立、起業家精神の発揮、プロジェクトの編成、ビジネス・プラン設計の原理、ビジネス機会の発見と評価、ビジネス開発戦略の確立、ブランド戦略の確立、顧客開発戦略の確立、商品開発戦略の確立、仕入開発戦略の確立、価格戦略の確立、立地開発戦略の確立、店舗企画戦略の確立、販売促進戦略の確立、設備投資計画の策定、利益計画の策定、ビジネス・プランの作成と評価
④店舗経営システム戦略の確立・・・経営システムの確立、ストア・マネジメント・システムの確立、接客サービス・システムの確立、組織計画、人的資源計画、マニュアル作成計画、募集・採用・教育訓練計画、店舗運営管理システム計画、ロジスティクス・システムの確立、店舗情報システムの確立、店舗指導システムの確立、成長戦略の確立
⑤経営計画と経営管理・・・マネジメント・サイクル、期間別経営計画、コントロールの意義
【Master】
①コンサルテーション・・・コンサルティングの目的、コンサルティングの原則、コンサルティングの倫理規範、コンサルタントの資格要件、コンサルティングの基本的特徴
②コンサルティングの手法・・・コンサルティングの基本プロセス、ヒアリングの進め方、コンサルティング計画、契約について、コンサルティ ング理論、コンサルティングスキル、プレゼンテーションの方法
③経営者診断・・・経営者の条件、経営者診断、経営戦略診断、マーケティング戦略診断
④組織診断・・・組織戦略、組織診断
⑤人的資源診断・・・人的資源戦略、人的資源診断
⑥財務診断・・・財務戦略、財務診断
⑦店舗診断・・・売上高診断、顧客数診断、顧客単価診断、商品診断、仕入診断、価格診断、立地診断、販売促進診断、店舗企画診断、店舗損益診断
⑧店舗経営システム診断・・・経営システム診断、ストア・マネジメント・システム診断、接客サービス診断、マニュアル診断、募集・採用・教育訓練診断、店舗運営管理システム診断、ロジスティクス・システム診断、店舗情報システム診断、店舗指導システム診断

フードビジネスコーディネーターを取ると出来る仕事

フードビジネスコーディネーター就職先

レストラン、食品会社、テレビ局、出版社、ホテル、結婚式場、食器メーカー、インテリア会社、デザイン会社など

フードコーディネーター

出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広く、料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行う場合もあります。また、料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、一つのチームとして売り込むコーディネートの仕事も行います。

フードスペシャリスト

食品の流通や販売、レストランやホテルなどの飲食関係の世界で食のプロとして活躍する仕事です。食品の品質判定や食品情報の収集・提供などを行って、消費者からの信頼を得て販売促進につなげる仕事をしたり、レストランやホテルなどでは料理やメニュー、食卓、食空間などのコーディネートを行ったりもします。食品会社や食品に関わる企業で活躍するほか、外食関係のコンサルティングを行う企業、個人で活躍する場合もあります。

テーブルコーディネーター

レストランやホテルなどで使う食器のスタイリングやデザインを担当したり、料理ページなど、雑誌や広告で紹介する食器や関連雑誌などのスタイリングをする仕事です。フードコーディネーターが兼ねている場合も多く、様々な食様式を知った上で、オリジナルなスタイリングができる人材が求められています。

食環境コーディネート協会主催のフードビジネスにおいて専門知識と技術を習得した、社会的に通用するプロフェッショナルな人材であることを位置づけるための資格です。試験は年1回実施の2級、1級、マスターの3ランクがあり、2級はフードビジネスコーディネーターとしての基礎理論が問われ、1級は経営戦略、マーケティング戦略など本格的な経営的知識が問われ、マスターでは経営コンサルタントとしての知識と技術が問われます。今後の活躍が大いに期待される専門職として、2級以上を取得すると、フードビジネス関係の講師、フードビジネスコーディネーターなどとして活躍でき、独立開業も可能となり、活躍の場が広がります。

フードビジネスコーディネーターの取得ができる機関

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

料理・フードの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧