資格のケンサク

ボイラー技士

資格or検定
資格
難易度
★★★☆☆
取得期間
2日間
受験費用
受験料は8.300円となります。
合格率
97.50%
試験回数
月1~3回程度
主催
(財)安全衛生技術試験協会 (関東の場合)関東安全衛生技術センター

ボイラー技士ってどんな資格?

ビルや工場などの施設で、使用されている蒸気ボイラー、温水ボイラーなどのボイラー設備の監視・調整・検査などの業務を行うために必要な国家資格です。

試験は2・1級・特級の3種類があり、各級とも作業自体はどんな規模のボイラーでも扱えますが、取扱主任者には2級は伝熱面積合計25㎡未満のボイラー、1級は伝熱面積合計500㎡未満のボイラーまでと制限されています。

大規模ボイラーの取扱主任者に任命されるには1級・特級の資格が必要ですが、ボイラー技士の中でも受験者数が多いのは2級です。

また、特級は過去2年以内にボイラー技士試験において科目合格した場合はその合格した科目は免除されます。ボイラー技士はビル設備会社、建設会社などでボイラーだけではなく、設備全般の管理をするケースが多いですが、電気主任技術者、消防設備士等の資格を取得しておくと、仕事する上で有利になります。

ボイラー技士の取得ができる機関

  • 生涯学習のユーキャン 教材購入プロモーション

ボイラー技士を取得すると出来る仕事

技士就職先

ビル管理会社、ビル設備会社、プラント建設会社、工場、ホテルなど

ボイラー技士

工場における熱エネルギー源や学校、病院、事務所等の建物の給湯、空調等の熱源を供給をおこなうボイラー設備を監視・調整・検査を行います。

受験内容

①ボイラーの構造に関する知識、②ボイラーの取扱いに関する知識、③燃料・燃焼に関する知識、④関係法令

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ガテン系の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧