資格のケンサク

ガス溶接技能者

資格or検定
資格
難易度
★☆☆☆☆
取得期間
2日~3日間
受験費用
ガス溶接技能講習の受講費用は教習機関により異なりますが、テキスト代を含めて10.000円~15.000円程度が目安です。
合格率
99%
試験回数
毎月
主催
(社)東京労働基準協会連合会、(財)日本産業技能教習協会

ガス溶接技能者ってどんな資格?

鉄工所や建築現場に欠かせないガス溶接に携わる全ての技術者のための国家資格です。

可燃性ガスと酸素を使って金属の溶接や溶断、加熱など危険な作業を行うには専門知識が不可欠なため、労働安全衛生法により、各都道府県労働局長が指定した教習期間でガス溶接技能講習を受講し、受講内容に沿った修了試験に合格して資格を取得することを定められています。

また、大規模なアセチレン溶接装置やガス集合溶接装置などを使うには「ガス溶接作業主任者」の資格が必要で、ガス溶接技能者資格取得後、実務経験3年以上積めば、受験資格が得られます。建築・土木業、建築金物製造業、鉄鋼業などに就職する人が多く、危険を伴う業種なので求人が多く安定した収入が得られそうです。

ガス溶接技能者を取得すると出来る仕事

ガス溶接技能者就職先

建築・土木会社、鉄工所、製造会社、鉄鋼会社、機械メーカー、工場など

ガス溶接技能者

鉄工所や建築現場などにて、可燃性ガスと酸素を用いた金属の溶接、溶断、加熱を行います。 より規模の大きなアセチレン溶接装置やガス集合溶接装置などを使うには「ガス溶接作業主任者」の免許が必要です。

受験内容

【学科】
①ガス溶接業務の設備構造・取扱い知識、②可燃性ガス、酸素の性状、危険性、③関連法令

【実技】
酸素容器、導管、吹管、圧力調整器、安全装置、圧力計の知識

【修了考査】
学科試験の科目範囲で筆記試験、または口述試験

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ガテン系の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧