資格のケンサク

ガス主任技術者

資格or検定
資格
難易度
★★★★★
取得期間
3ヶ月
受験費用
受験料は12.700円となります。
合格率
甲種12.3%、乙種15%、丙種32.1%
試験回数
年1回
主催
(財)日本ガス機器検査協会試験業務グループ

ガス主任技術者ってどんな資格?

ガス工作物の工事・維持・運用に関する保安の監督者を認定する国家資格です。

資格は監督の範囲が定められており、甲種・乙種・丙種の3種類に分かれ、全種とも法令・基礎・ガス技術・論述の4科目が行われます。

資格取得後、実務に直結するわけではありませんが、ガス工事の保安・監督を行うためには必要な資格です。

ガス事業法により、所定の実務経験を持つ者の中からガス主任技術者を選任し、事業所ごとに監督者として配置することが義務付けられており、試験も業務従事者を対象としているので、受験者のほとんどがガス会社などに勤めています。

ガス主任技術者を取得すると出来る仕事

ガス主任技術者就職先

ガス会社など

ガス主任技術者

ガス工作物の工事やそれにともなう維持・整備、安全性を確保するための保安の監督を行います。

監督できる範囲は取得している資格により異なり、甲種はガス工作物の工事・維持・運用、乙種は最高使用圧力が中圧・低圧のガス工作物と特定ガス発生設備等に係るガス工作物等の工事・維持・運用、丙種は特定ガス発生設備に係るガス工作物の工事・維持・運用となっています。

受験内容

【甲種・乙種・丙種】※五択マークシート
■法令・・・ガス事業法、特定ガス消費機器の設置工事の監督に関する法律(特監法)
■基礎
<甲種・乙種>気体の性質、気体の熱力学と化学反応、燃焼の物理と化学、伝熱と流動、ガス技術に使われる材料と腐食
<丙種>物性の基礎知職、気体の性状、材料など
■ガス技術
①製造分野
<甲種・乙種>ガス事業に使われる原料、製造法、熱量調整と付臭、成分分析と熱量測定、ガスの移送とその設備、計装と耐震を含めた安全管理、環境と省エネルギー対策など(乙種は中圧と低圧、甲種は高、中、低圧を対象)
<丙種>簡易ガス事業に固有な知識
②供給分野・・・供給計画と維持管理、整圧器とガスメーターの管理、導管の設計と工事、溶接と検査、防食、地震対策、他工事対策など(丙種は低圧、乙種は中圧と低圧、甲種は高、中、低圧のすべてを対象)
③消費分野・・・ガスの燃焼についての基礎、ガス燃焼機器の種類と構造機能、安全装置と安全管理、熱量変更など
■論述 ※記述式
①法令・・・ガス事業の実施に必要な法令上の基本的知識
②ガス技術・・・製造、供給、消費それぞれに必要な基本的知

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ガテン系の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧