資格のケンサク

火薬類保安責任者

資格or検定
資格
難易度
★★★☆☆
取得期間
1年以上
受験費用
丙種火薬類製造保安責任者と甲種・乙種火薬類取扱保安責任者がそれぞれ12.000円、甲種・乙種火薬類製造保安責任者は25.900円となります。
合格率
49.70%
試験回数
年1回
主催
(社)全国火薬類保安協会

火薬類保安責任者ってどんな資格?

危険性の高い火薬類を、安全に製造・保安管理するスペシャリストのための国家資格です。

取得するには製造保安責任者試験(甲種・乙種・丙種)または取扱保安責任者試験(甲種・乙種)に合格し、経済産業省もしくは都道府県知事から免状の交付を受けなければなりません。

製造保安責任者は火薬類を製造する事業所には必ず配置する必要があり、取扱保安責任者は火薬類を使う建設・採石業などの事業所にとって土木工事の際に必須の資格となります。

また、甲種・乙種・丙種は製造する火薬類の量や種類に応じており、甲種は最も大量な火薬を扱えます。

試験の受験資格には制限がありませんが、法律により18歳未満は火薬類を扱えないことが定められているので、合格しても免状は交付されません。

建設・採石業、火薬類販売業者だけではなく、警察・消防のほか火薬類を扱う企業であれば、活躍するチャンスがあり、企業によっては有資格者を優遇するところもあります。

火薬類保安責任者を取得すると出来る仕事

火薬類保安責任者就職先

建築・土木会社、鉄工所、採石会社、鉄鋼会社、警察署、消防署、工場など

火薬類製造保安責任者

火薬類や爆薬を製造する過程で、製造施設の安全を確保したり貯蔵過程での保安管理について責任を負います。火薬類を取り扱う事業者は、事業所ごとに火薬類製造保安責任者を選任し、従業者を指揮監督する権限を与えなければならない。

火薬類取扱保安責任者

火薬庫の構造・設備等が無許可で変更されないよう監督したり、貯蔵の取扱や火薬庫の構造等についての技術上の基準を維持します。危険度の高い火薬類の保管や使用に関して、安全性の確保を最優先として取扱いの指揮・監督、消費量のチェックを行います。

受験内容

■丙種火薬類製造保安責任者
①火薬類取締に関する法令、②火薬類保安管理技術、③信号焔管、信号火せんまたは煙火(原料用火薬、爆薬を含みます)製造工場保安管理技術、④一般教養

■甲種・乙種火薬類製造保安責任者
①火薬類取締に関する法令、②火薬類保安管理技術、③火薬類製造方法、④火薬類性能試験方法、⑤火薬類製造工場に必要な機械工学・電気工学、⑥一般教養

■甲種・乙種火薬類取扱保安責任者
①火薬類取締に関する法令、②一般火薬学

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ガテン系の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧