資格のケンサク

危険物取扱者

資格or検定
資格
難易度
★★★☆☆
取得期間
3ヶ月
受験費用
甲種5.000円、乙種3.400円、丙種2.700円となり、別途、免状交付手数料としてそれぞれ2.800円が必要です。
合格率
丙種52.8%、乙種44.7%、甲種32.3%
試験回数
年5~6回程度
主催
(財)消防試験研究センター・中央試験センター

危険物取扱者ってどんな資格?

消防法によって貯蔵・運搬・取扱に厳しい規制がある、石油などの引火性・発火性危険物の安全管理を行う国家資格です。

試験は甲種・乙種・丙種の3つに分かれており、丙種はガソリンや灯油・軽油など引火性の液体の管理・取扱を行い、乙種は扱える危険物により6種類に区分されており、第1類は酸化性固体、第2類は可燃性固体、第3類は自然発火性物質・禁水性物質、第4類は引火性液体、第5類は自己反応性物質、第6類は酸化性液体で、合格した類の危険物が取り扱えます。

乙種・丙種は誰でも受験できますが、甲種は乙種取得後2年以上の実務経験者、大学などで化学関連の学科を卒業した者などの受験資格が設けられています。

ガソリンスタンド、各種化学工場、危険物貯蔵倉庫、タンクローリーの運転手などが資格を行かせる仕事で、手当を支給する企業が多いです。

危険物取扱者の取得ができる機関

  • 生涯学習のユーキャン 教材購入プロモーション

危険物取扱者を取得すると出来る仕事

危険物取扱者就職先

化学工場、ガソリンスタンド、タンクローリー、危険物貯蔵倉庫会社など

危険物取扱者

消防法で定められた引火性・発火性の高い物質と引火を促進する性質のある物質の製造所、貯蔵所、取扱所で危険物の取扱い作業および、その場の立ち会い、安全のための点検・整備・教育などを行います。甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができ、丙種危険物取扱者は、特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り、取り扱いと定期点検ができます。

受験内容

【丙種】※四肢択一、マークシート方式
①危険物に関する法令
②燃焼・消火に関する基礎知識
③危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法
【乙種】五肢択一、マークシート方式
①危険物に関する法令
②基礎的物理学・化学
③危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法
【甲種】五肢択一、マークシート方式
①危険物に関する法令
②物理学及び化学
③危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

※取扱可能危険物
【丙種】
ガソリン、灯油、軽油、重油など
【乙種】
第1類・・・塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体
第2類・・・硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体などの可燃性固体
第3類・・・カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質
第4類・・・ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体
第5類・・・有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物質
第6類・・・過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体
【甲種】
全種類の危険物

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

ガテン系の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧