資格のケンサク

グレッグ英文速記公式検定

資格or検定
検定
難易度
★★★★☆
取得期間
1年~
受験費用
受験料は12.000円となります。
合格率
42.30%
試験回数
年2回
主催
中央アカデミー

グレッグ英文速記公式検定ってどんな資格?

英語を正確に聞き、いかに素早く書き取って書類を作成できるかを測定する検定試験で、アメリカのグレッグ本部公式認定資格です。

語彙の増加、ヒアリングの向上が見込めるほか、正確なスペリング、句読点の打ち方、文法、レタースタイルが身につきます。試験は年2回実施で、レベルは120W/分、100W/分、80W/分、60W/分の4段階があります。

合格ラインのエラー率5%以下をクリアするのはとても難易度が高いため、まずは専門学校に通うのが得策です。実務経験から速記の必要性を感じて学習する人が多く、通訳やツアーコンダクター、外資系金融機関に勤務する人からも注目を集めています。

取得後は高度な英語力と速記技術を駆使して外資系企業や通訳・翻訳業、海外留学などで活用することが期待できます。

また、外資系企業の外国人社長などの秘書である、エグゼクティヴ・セクレタリーも活躍の場として考えられます。

グレッグ英文速記公式検定を取得すると出来る仕事

グレッグ英文速記公式検定 就職先

一般企業、商社・貿易会社、外資系企業、旅行会社、観光局、ガイド、翻訳会社など

通訳ガイド

日本を訪れる外国人旅行者を案内する仕事です。空港までの出迎え、ホテルへの誘導から、観光案内など、旅行者が快適に日本滞在できるようにするため、さまざまな業務をこなします。語学力のほか、日本文化に関する知識、また、好感を持たれる人柄なども大切です。

通訳

国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳、ウィスパリング通訳を行うなどの専門家です。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要です。

翻訳家

文学、一般書、医学分野の論文、ビジネス文書、学術資料、映画などさまざまな分野の外国語を翻訳するのが仕事です。語学力、特にボキャブラリーが豊富なことが求められます。現今、コンピュータの解説書や科学技術関係などのニーズも高まっています。

秘書

担当する会社役員・学者・芸術家・議員等に付き、上司の仕事を補佐する役割を担う職務です。仕事内容は、補佐する上司によっても異なりますが、一般的には、スケジュール管理、客の接遇、文書作成と書類のファイリング、事務機器の運用と管理、上司の仕事の下準備と事後処理、社内外の連絡・調整、出張・交際などの手続きと費用の精算、備品の購入、オフィス管理、情報収集と整理などになります。

受験内容

3分間の間、聞き取った文章を速記で書き取り、1時間以内にこれを原文に復元して提出します。(エラー5%以下で合格)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

語学・観光の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧