資格のケンサク

翻訳技能認定試験

資格or検定
検定
難易度
★★★★☆
取得期間
1ヶ月以上
受験費用
全級一律10.500円となります。
合格率
試験回数
年2回
主催
(社)日本翻訳協会

翻訳技能認定試験ってどんな資格?

翻訳者として独立する方や企業内での翻訳スキルをもって翻訳の仕事に就く方のためにその能力を認定する試験です。

ランクは1~4級・基礎級の5段階あり、1級はプロとして6年以上の経験を有し、2級は3年以上の実務経験相当とされています。

試験は英語と中国語の2言語の翻訳で、2言語間の翻訳力を測定され、共通知識問題と、A部門(文化、芸術、スポーツ)・B部門(法律、政治、経済)・C部門(工学、科学、化学)・D部門(医学、薬学、バイオ)の4部門から選択可能な部門別技能試験問題があり、総合的な翻訳力を判定します。

なお、中国語はA部門のみの実施となり、試験合格者には(社)日本翻訳協会より受験した分野と成績における合格証明書(トランスレーター称号)が授与されます。

翻訳技能認定試験の取得ができる機関

  • 生涯学習のユーキャン 教材購入プロモーション

翻訳技能認定試験を取得すると出来る仕事

翻訳技能認定試験 就職先

映画会社、出版社、翻訳会社など

翻訳家

文学、一般書、医学分野の論文、ビジネス文書、学術資料、映画などさまざまな分野の外国語を翻訳するのが仕事です。語学力、特にボキャブラリーが豊富なことが求められます。現今、コンピュータの解説書や科学技術関係などのニーズも高まっています。

翻訳技能認定試験の特徴

検定対策

翻訳技能認定試験を受験する方のための、翻訳検定傾向と対策セミナーを年2回開催しています。試験の全体像がつかめ、過去問題を素材として解答のポイントの解説、一般的な翻訳学習法を紹介してくれる有意義なセミナーです。電話またはFAXで申し込みをし、参加料は共通試験対策3.000円、部門別技能試験対策各3.000円となっています。検定を受検する前に参加される受験者は多いようです。

受験内容

各級とも共通知識問題(60分)と部門別技能試験問題(120分)で構成されており、共通知識問題は翻訳を行う時の基礎となる文法・構文・パラグラフ・文体等の知識が問われ、部門別技能試験問題は翻訳の実技能力が問われます。また、試験会場には辞書3冊まで持込が可能です。

【A部門】①アート関係(美術、音楽、デザイン、ファッション、演劇、映画、写真など)②レジャー(スポーツ、旅行など)③文化関係(哲学、宗教、思想、歴史など)■文書の種類:論文・文献、対外取引文書、会議関係文書、企画書・報告書、広告・カタログ・各種案内、時事報道文書、契約書、論評・解説

【B部門】①政治関係(政治体制、行政、外交、国際問題、防衛など)②法律問題(公法、民事法、刑事法、社会・経済法、条約など)③経済関係(経済体制、経済政策、企業・経営管理、商業、国際経済、保険など)④財政金融関係(財政政策、予算・決算、租税、公債、通貨、金融、証券など)⑤社会関係(社会問題、社会福祉、雇用・職業、教育訓練など)■文書の種類:論文・文献、法令関係および行政手続文書、契約関係文書、財務関係文書、貿易その他の対外取引文書、会議関係文書、企画書・調査統計報告、事業案内・年報・経歴書、広告・カタログ、時事報道文書

【C部門】①機械、運輸装置関係(機械設計、一般工作機械、NC工作機械、自動車、船舶、航空機)②電気、電子、情報処理関係(電気機器、電子機器、通信、コンピューターハードウェア及びソフトウェア)③材料関係(金属材料、無線材料、有機材料)④応用科学関係(化学工業、応用科学、高分子化学および廃棄物処理)⑤資源、エネルギー関係(原子力、核融合発電、太陽熱・地熱、化石燃料、鉱物資源)⑥建設関係(土木、建築、都市計画、地域開発)■文書の種類:論文・文献、試験・調整報告書、図面の説明記述、仕様書、カタログ、契約書、取引通信文、取扱説明書、提案書、入札見積書、工業規格文書、特許文書

【D部門】①医学、薬学および衛生工学関係(疾病および治療、薬品、食品および環境衛生)②農林・水産およびバイオテクノロジー関係(食品・飼料作物、畜産、造林、漁業および海運関係法規、バイオテクノロジー)■文書の種類:論文・文献、試験・調整報告書、申請書類、カタログ、契約書、取引通信文、取扱説明書、特許文書

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

語学・観光の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧