資格のケンサク

実用イタリア語検定

資格or検定
検定
難易度
★★★★☆
取得期間
3ヶ月~
受験費用
1級12.000円、2級10.000円、3級7.000円、4級5.000円、5級4.000円となっています。
合格率
5級72.2%、4級48.5%、3級19.5%
試験回数
年2回
主催
特定非営利活動法人 国際市民交流のためのイタリア語検定協会

実用イタリア語検定ってどんな資格?

アート、ファッション、スポーツ、食文化だけではなく、エンジニアリング、産業、貿易などあらゆる分野に至るまで、広く日本に定着しているために欠かせないイタリア語について、実務で使う能力を測定する検定です。

試験は1~5級の5段階あり、筆記とリスニングに加え、3級以上は作文が課せられ、1・2級では2次の面接試験があります。

イタリア語を使って実務をするなら、2級以上の合格が望ましく、高い能力のイタリア語を取得すれば、ファッションやアートなど様々な分野で活躍できる可能性が広がります。

また、イタリアへの旅行者は多いので、上位級取得者は旅行業界でも重宝されるでしょう。

実用イタリア語検定を取得すると出来る仕事

実用イタリア語検定就職先

旅行会社、観光局、一般企業、外資系企業、商社・貿易会社、百貨店、ガイド、派遣会社、ボランティア団体、映画会社、出版社、国連、大使館、省庁、領事館、学校、スクールなど

ファッションバイヤー

デパートや専門店、スーパーマーケットなどで買い付け、仕入れを専門に行います。消費者ニーズを把握し、営業方針や企画に沿って売れる商品を仕入れるのが役目です。流行に敏感な感性や売れるものを見極める目、的確な計算能力や交渉力などさまざまな能力が必要とされます。

外資系スタッフ

外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれています。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要です。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視されます。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多いようです。

海外営業

自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事です。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせません。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利になります。

貿易事務

総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などで、輸出入の必要な事務を行います。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまでの業務になり、輸出の場合は、注文の取りまとめ、輸送手続きなどを行います。

受験内容

■1次試験(全級実施)イタリア人が吹き込んだテープを使用①リスニング②筆記(3~1級は記述問題があります)
■2次試験(2・1級合格者のみ)2名の面接委員による口頭試問
【5級】初歩的なイタリア語を理解することが出来るレベル
【4級】平易なイタリア語を聴き、話し、読み書きが出来るレベル
【3級】日常生活に必要な基本的なイタリア語を理解し特に口頭で表現出来るレベル
【2級】日常生活や業務上必要なイタリア語を理解し一般的なイタリア語を聴き、話し、読み書き出来るレベル
【1級】広く社会生活に必要なイタリア語を十分理解し自分の意思を的確に表すことが出来るレベル

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

語学・観光の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧