資格のケンサク

韓国語能力検定(KLPT)

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
1年
受験費用
受験料は7.800円となります。
合格率
合否判定なし
試験回数
年4回
主催
全教振韓国語能力検定協会

韓国語能力検定(KLPT)ってどんな資格?

KLPT(Korean Language Profiency Test)は、100年の歴史があるハングル学会が主催する大規模な韓国語能力検定であり、韓国語を母国語としない外国人や海外在住韓国人を対象に実施しています。

韓流ブームにより、韓国はより身近な国になった影響もあり、仕事や留学、観光など目的は様々ですが韓国語の学習者は確実に増えています。

試験は基礎的な韓国語を実際にどれだけ使いこなせるかを判別するBasic-KLPTと、韓国語で基本的な生活を営むことができるか、公的な社会活動が可能であるかといった国際的なコミュニケーション能力を判別するKLPTの2種類があり、Basic-KLPTは聞き取り、読解の2項目、KLPTは聞き取り、単語、文法、読解、談話の5項目にて出題されます。

また、初級学習者向けのBasic KLPTは団体受験のみでしたが、東京と大阪のみ個人による受験が可能になっています。

韓国語能力検定(KLPT)の取得ができる機関

  • 生涯学習のユーキャン 教材購入プロモーション

韓国語能力検定(KLPT)を取得すると出来る仕事

韓国語能力検定(KLPT)就職先

旅行会社、観光局、一般企業、外資系企業、商社・貿易会社、百貨店、ガイド、派遣会社、ボランティア団体、映画会社、出版社、国連、大使館、省庁、領事館、学校、スクールなど

貿易事務

総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などで、輸出入の必要な事務を行います。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまでの業務になり、輸出の場合は、注文の取りまとめ、輸送手続きなどを行います。

外資系スタッフ

外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれています。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要です。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視されます。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多いようです。

通訳

国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳、ウィスパリング通訳を行うなどの専門家です。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要です。

大使館スタッフ

諸外国が日本に置く大使館や領事館などで仕事をします。事務処理などが主な仕事になるが、海外から派遣されてきている外交官に対して日本のことを伝え、理解を深めてもらう役割も担います。所属する大使館の国の言葉は必須となります。日本の文化や歴史、政治・経済などについても熟知していることが大切です。

受験内容

■Basic-KLPT
①聞き取り・・・視覚資料、会話、内容把握
②読解・・・語群、文法・語法、身近な情報資料、内容把握
■KLPT
①聞き取り・・・音と表記の理解、短い会話の完成、短い会話・長い会話を聞き質問に答える
②単語・・・適切な語句を選択、間違った語句を選択
③文法・・・文法表現の選択、文章連結
④読解・・・短い話・表の内容理解、長い話の詳細・流れを理解
⑤談話・・・慣用句、会話の完成

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

語学・観光の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧