資格のケンサク

小学校英語指導者

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
6ヶ月以上
受験費用
受講費用がスクールによって異なりますが、70.000円~が目安です。
合格率
試験回数
主催
特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会

小学校英語指導者ってどんな資格?

小学校英語の目的や意義を理解し、小学生に適切に英語を指導できる能力を認定する資格です。

総合学習の一環として「英語活動」が全国の小学校に導入されましたが、小学校教員の大半は英語教育の知識や経験をほとんど持たないため、小学校での英語指導者を育成・認定する必要性が高まり、小学校英語指導者認定協議会が誕生し、資格が設けられました。

検定試験によって資格認定をするのではなく、協議会指定の小学校英語指導者資格認定コースの修了者に対して与えられます。

現在、小学校での指導はボランティアである場合が多く、また外部講師を積極的に招く小学校は少ないのが現状ですが、小学校の英語教育は外部に頼らざるを得ない部分もあり、今後、小学校英語指導者の有資格者が小学校で活躍する機会が増えてくることが予想されます。

受験者の多くは自宅で子どもたちに英会話を教えている人や児童向け英会話スクールの講師として活躍しています。

小学校英語指導者を取得すると出来る仕事

小学校英語指導者就職先

語学スクール、英会話教室、学校、幼稚園など

児童英語教師

2、3歳の幼児から小学生を対象に英会話を教える仕事です。絵本やビデオ、手作りの教材、音楽などを取り入れて、遊び感覚で教えていきながら、子どもたちに英語を学ぶ楽しさを伝える役割を担っています。早期英語教育が盛んになっている今、需要が増えている職種です。

英語講師

英語講師というと、ネイティブ・スピーカーの講師に注目が集まりがちだが、日本人講師の存在も重要です。日本語と外国語との違い、日本と外国との価値観や文化の違いを加味して教えられるのは、日本人しかいません。特に語学スクールの初心者クラスや、英語関係の資格取得のための講座、ビジネスマン対象の講座などは日本人講師に向いています。

受験内容

【主なカリキュラム】
①基礎知識(児童英語教育の基礎知識)、②教授法(カリキュラムやレッスンの立て方、歌・ゲーム・絵本・チャンツ)、③英語文法(名詞・代名詞・冠詞、形容詞・動詞・助動詞、副詞・前置詞・接続、時制・受動態、準動詞・比較・関係詞、仮定法・否定)、④発音(リズムとイントネーション・子音、母音・音のつながり)、⑤教材研究(幼児・小学校低学年・小学校高学年コース)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

語学・観光の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧