資格のケンサク

TEP TEST

資格or検定
検定
難易度
★★★★☆
取得期間
3ヶ月以上
受験費用
受験料は1級16.300円、2級7.100円、3級4.100円、4級2.500円となります。
合格率
32%
試験回数
年2回
主催
日本テクニカルコミュニケーション協会(JATEC)

TEP TESTってどんな資格?

正式名称は「早稲田大学-ミシガン大学テクニカルライティング検定試験」です。

1984年に米国のTechnical Communication研究のリーダー的存在であるミシガン大学と、日本テクニカルコミュニケーション協会(JATEC)によって、日本人の英語による実務分野のコミュニケーション能力を正しく測るために開発された検定試験です。

科学・技術分野の文書を中心に、ビジネス通信文まで含めた論理的で簡潔・明瞭な英語の実務文書をつくる能力を認定します。

また、ミシガン大学と早稲田大学が問題作成や採点・運営方法などを管理しているので、評価に信頼がおけ、ビジネス分野全般から出題されるため、文科系・理科系の区別なく安心して受験できます。

試験は1~4級まであり、受験者の能力を正確に測定するために全て記述式で解答し、1級のみ面接試験があります。テクニカルライティングの高い能力があれば、プロのテクニカルライターとして活躍できるほか、特に1・2級の合格者は産業翻訳の専門家として企業でも厚遇されます。

TEP TESTの特徴

各種セミナー実施

早稲田大学名誉教授、篠田義明氏をはじめとした一流の講師が実務文書作成の原理・原則やノウハウを指導してくれる「企業内セミナー」や、日本の学校教育では教えていないライティング技法のポイントを習得できる「公開セミナー」、国際ビジネスに必須の各種ドキュメントの効率的な作成法を習得できる「国際セミナー」を行っています。

また、ミシガン大学において毎年実施される、日本人を対象とした「テクニカルライティング集中セミナー」もあります。実務文書の構成法から書き方まで、豊富な実例に基づいた講義と演習で実務にすぐにでも応用できる実力が身につきます。

テクニカルライティングセミナー(通訳教育講座)

この分野の第一人者である早稲田大学名誉教授、篠田義明氏執筆のテキストで、日本人が間違いやすい文法事項や実務文書のポイントとなる修辞法を徹底的に学習するものです。

基礎・実務・総合の3つのコースがあり、基礎コースでは「概論」「文法」「修辞」、実務コースでは「論文・レポートの書き方」「仕様書/プロポーザル(計画・提案)」「マニュアル」、総合コースでは基礎・実務コースを合わせた内容が学べます。受講料は基礎コース26.250円、実務コース28.350円、総合コース48.300円となっています。

JATEC会員

TEP Testの検定料、セミナー受講料、研究会参加費、通信教育の受講料の割引とJATEC発行機関誌の無料配布ほかテクニカルコミュニケーションに関する情報の提供など、人材育成をサポートしています。

TEP Testの1・2級の検定料は会員になると13.300円・5.600円とそれぞれ割安になります。なお、入会金は不要ですが年会費9.200円が必要です。

受験内容

全級記述式で解答し、1・2級に限り、試験会場に辞書の持込ができます。

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

語学・観光の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧