資格のケンサク

TOEFL

資格or検定
検定
難易度
★★★★★
取得期間
本人次第
受験費用
試験日の1週間前までに申し込んだ場合の受験料は170USドル、4日前に申し込んだ場合は195USドルとなっています。
合格率
合否判定なし
試験回数
年間30~40回
主催
国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部TOEFL事業部

TOEFLってどんな資格?

英語を母国語としない人の英語力を測るために作られた世界で通用する試験です。

現200以上の国や地域で年間約72万人が受験しているTOEFLテストから、2006年7月に導入されたTOEFL iBTは実際のコミュニケーションに必要な4技能(読む・聞く・話す・書く)を総合的に測定し、英語をどれだけ使えるかに焦点をあてています。

試験はコンピューターとマークシートを利用して回答する2つの方法があり、結果は試験日から15営業日後に0~120点のスコアで表示されます。

そのスコアは全世界5000以上の機関が利用しており、アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアなどの大学・大学院に留学を希望する場合にはTOEFLのスコア提出が求められ、また各種政府機関、奨学金プログラム、学内単位認定、入試優遇、海外派遣選考の目安など、スコアを利用するところは増えつつあります。

TOEFLを取得すると出来る仕事

TOEFL 就職先

旅行会社、観光局、一般企業、外資系企業、商社・貿易会社、百貨店、ガイド、派遣会社、ボランティア団体、大使館、領事館、学校、スクールなど

海外営業

自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事です。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせません。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利になります。

外資系スタッフ

外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれています。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要です。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視されます。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多いようです。

通訳ガイド

日本を訪れる外国人旅行者を案内する仕事です。空港までの出迎え、ホテルへの誘導から、観光案内など、旅行者が快適に日本滞在できるようにするため、さまざまな業務をこなします。語学力のほか、日本文化に関する知識、また、好感を持たれる人柄なども大切です。

語学教師

教える国の語学が堪能なことはもちろんのこと、根気よく相手に教えるテクニックも必要です。その国の文化や風習、政治や環境についても常にアンテナを張っておく必要もあり、同じ言葉でもニュアンスが違うこともあるため、現状を知っていることが大切です。

TOEFLの特徴

TOEFL ITP

TOEFLテスト作成・運営元であるETSが提供するTOEFLテストの団体向けプログラムです。試験は過去のペーパー版TOEFLテスト(TOEFL PBT)で出題されたものを再印刷して利用することにより、TOEFLテストスコアと高い相関関係があります。世界中の教育機関等で利用されており、団体独自の目的に合わせて利用が可能となっています。都合に合わせていつでもどこでも実施でき、テストのレベルを2種類から選ぶことができます。また、一人当たりの料金はTOEFLテストの約6分の1と大変お得になっており、実施日から約2週間で結果がとどきます。なお、学生や個人の集まりでの実施には利用できません。

Criterion

米国ETSが開発したライティング指導を協力にサポートする指導者向けのインターネットサービスです。学習者がエッセイを提出すると、すぐにコンピューターによる評価結果が返されます。指導者はインターネット上で結果を確認し、各エッセイにコメントを加えることができます。米国の小学4年生から大学、TOEFLテストまで幅広い問題が用意されており、さまざまなレベルに対応しています。

TOEFLメールマガジン

TOEFLテストの最新情報、英語に関わる様々なコンテンツをEメールにて無料で配信するサービスであり、現在、英語教育に携わる方々を中心として約1.500名が登録しています。

受験キャンセル、テスト日・会場変更

受験のキャンセルはテスト日の4日前(中3日)までにインターネットもしくは電話で手続きすれば、85USドルが返金されます。また、テスト日・会場変更も同様に手続きをすれば、50USドルの手数料を支払うことで空席がある場合に変更ができます。

受験内容

【リーディング】3~5つの文章があり、選択問題、文を挿入する問題、グループ分けする問題などが出題 
【リスニング】(マイク付きヘッドセット使用)2~3つの会話と4~6つの講義があり、選択問題、表を完成させる問題などで出題 
【スピーキング】(マイクを使用して音声が録音されます)①好みと理由を問う問題、支持する意見と理由を問う問題が出題 ②(読む+聞く→話す)大学生活を想定した要約する問題、講義を想定した問いに答える問題が出題 (聞く→話す)大学生活を想定した要約する問題、講義を想定した問いに答える問題が出題 
【ライティング】(タイピングのみ)①(読む+聞く→書く)要約する問題が出題 ②意見に基づき作文する問題(300語程度)が出題
4つのセクションでメモをとることが可能です。

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

語学・観光の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧