資格のケンサク

行政書士

資格or検定
資格
難易度
★★★★★
取得期間
1年~2年程度
受験費用
受験料は7.000円になります。
合格率
2.60%
試験回数
年1回
主催
(財)行政書士試験研究センター

行政書士ってどんな資格?

契約に基づく交渉から交通事故の示談などの法律業務を請け負え、国民の大切な財産や権利・義務を守る「街の法律家」といわれる書類と手続きのスペシャリストです。

自動車登録・車庫証明申請書などの身近なものから、各種法人設立申請書、営業許可申請書、外国人の出入国・帰化など国際的な渉外業務まで、取り扱う書類は1万種類以上ともいわれています。

その知識を活かして行政法務に関する相談に乗ることも大切な仕事です。試験に向けては憲法・民法・行政法を中心に、様々な法律を確実に覚えておくのが望ましいです。

難しい資格なので、独学では厳しく、スクール等で分からないことはすぐ聞くなど、効率的に学習するのが合格への早道です。試験に合格した後は日本行政書士連合会の行政書士名簿に登録し、各地の行政書士会に入会します。

すぐに独立開業する人もいますが、行政事務所や法律事務所などに勤務しながら、基盤を固める人が多いようです。

また、開業する際に、司法書士・土地家屋調査士・税理士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者などの資格を併せて取得する人や兼業する人が多く見られます。

行政書士の取得ができる機関

  • 生涯学習のユーキャン 教材購入プロモーション
  • 資格の大原

行政書士を取得すると出来る仕事

行政書士 就職先

行政書士事務所、市町村役所、都道府県庁、法律関連事務所、一般企業、会計士・税理士事務所、税務署など

公認会計士西納功事務所、遠藤税務会計事務所など

行政書士

個人や法人などの依頼を受けて、官公庁に提出する書類や、その他権利義務、または事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む)を作成し、提出手続きを代行する仕事です。また扱う分野も、相続、帰化申請、相続、企業法務など、仕事範囲はとても広い。民間と行政のパイプ役です。

税理士

個人や企業の依頼に応じて、所得税、法人税、消費税、事業税、固定資産税など税務署に申告したり納税手続きを取る際の代行を行います。また、会計帳簿の記帳や決算書の作成、その他の会計関係の指導や相談にも携わり、最近では各社業務の合理化が図られているため、仕事の範囲や経営や財務の相談など税務処理以外にも広がってきています。

司法書士

依頼人に代わって、裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類を作成し、手続きを行います。不動産や商業上の登記手続きを行う場合もあります。将来独立して、事務所を開設することも可能です。

弁理士

個々の発明者や企業などの依頼に基づいて新たに生まれた発明、考案などについての特許や実用新案、意匠、商標に関わる業務について特許庁に登録出願の代理をし、権利を守る仕事です。

行政書士の特徴

無試験で行政書士資格を有する条件

弁護士、弁理士、公認会計士、税理士、国または地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間が通算20年以上(高卒者などは17年以上)になる者、特定独立行政法人・特定地方独立行政法人・日本郵政公社の役員または職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通算20年以上(高卒者などは17年以上)になる者は、行政書士となる資格を持つ者として認定されます。

受験内容

筆記試験
【業務に関する法令】
①憲法、②行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法が中心)、③民法、④商法(会社法を含む)、⑤基礎法学

【業務に関する一般知識】
①政治・経済・社会、②情報通信・個人情報保護、③文章理解

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

法律の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧