資格のケンサク

貿易実務検定

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
3ヶ月~
受験費用
A級9.800円、準A級8.000円、B級6.900円、C級5.800円、グローバルビジネス法務C級6.500円となっています。
合格率
A級7.4%、準A級31.6%、B級36.5%、C級52.6%
試験回数
年3回
主催
日本貿易実務検定協会

貿易実務検定ってどんな資格?

輸出入に関わる実務をこなすために必要な知識とスキルを測る検定試験です。

貿易関連の法律が中心の通関士試験に対し、この検定は商談・契約・代金決済・信用状・クレームなどの貿易実務についての幅広い知識が求められます。試験はC級・B級・準A級・A級で、基本的に実務経験者を対象にしており、C級は提携業務をこなせる実務経験1~3年レベル、準A級・A級は実務経験3~5年レベルになっています。

また、2002年から海外投資・技術提携などに関する法知識、英文契約書の作成読解能力を問うグローバルビジネスC級が設けられています。貿易業者はもちろんのこと、商社や製品の輸出入を行うメーカー、海外と直接やり取りする部署を持つ企業、人材派遣会社などでの評価が高く、就職・転職に有利です。

また、実務に即した知識が身につくため、貿易関連業務に従事している人もスキルアップに役立ちます。

貿易実務検定の取得ができる機関

  • 資格の大原

貿易実務検定の特徴

科目免除

貿易実務検定C級の貿易英語で80%以上の成績を修めた者は次回と次々回のC級貿易英語科目を免除、国際実務マーケティング協会主催のマーケティングビジネス実務検定C級合格者は貿易実務検定B級・準A級のマーケティング科目を免除となります。

貿易事務通信講座

これから貿易を学ぼうとしている方、貿易関連事務に携わっている方、通関士試験に合格した方など、これから貿易を学習する方にとって一番効率のよい方法で学習できる3ヶ月コースの通信講座です。この講座は検定試験C級に直結しているため、模擬試験で最終チェックができ、実務経験がない方でも鋼核するための実践力が身につくほか、B級へのステップアップもできます。また、貿易実務英語が学習できる通信講座もあります。

受験内容

■A級(短答式、事例式)
【貿易実務】
①貿易と環境、②貿易経済知識、③貿易の流れ、④貿易金融、⑤貿易書類、
⑥貿易法務、⑦貿易税務、⑧通関知識、⑨貿易保険、⑩外国為替、⑪港湾知識、
⑫航空貨物、⑬クレーム
【貿易実務英語】
①商業英単語、②英文解釈、③英作文
【貿易マーケティング】
■準A級(短答式、記述式)
【貿易実務】
①貿易と環境、②貿易経済知識、③貿易の流れ、④貿易金融、⑤貿易書類、
⑥貿易法務、⑦貿易税務、⑧通関知識、⑨貿易保険、⑩外国為替、⑪港湾知識、
⑫航空貨物、⑬クレーム
【貿易実務英語】
①商業英単語、②英文解釈、③英作文
【貿易マーケティング】
■B級
【貿易実務】
①貿易と環境、②貿易経済知識、③貿易の流れ、④貿易金融、⑤貿易書類、⑥貿易法務、⑦通関知識、⑧貿易保険、⑨外国為替、⑩港湾知識、⑪航空貨物、⑫クレーム
【貿易実務英語】
①商業英単語、②英文解釈
【貿易マーケティング(基礎)】
■C級
【貿易実務】
①貿易と環境、②貿易経済知識、③貿易の流れ、④貿易金融、⑤貿易書類、
⑥貿易法務、⑦通関知識、⑧貿易保険、⑨外国為替、⑩マーケティング知識
【貿易実務英語】
①商業英単語、②英文解釈
■グローバルビジネス法務C級
①国際私法、英米法、EU方の知識、
②国際取引と知的所有権および独占禁止法の知識、
③外国為替及び外国貿易法の知識、④投資契約・合併契約の知識、
⑤技術援助契約の知識、⑥国際売買契約の知識、
⑦通商法(米・EU・日本などの反ダンピング法、包括通商法、水際規制)等の知識、
⑧国際課税についての知識、⑨法律英単語、英文契約書の読解、⑩実務知識

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

経営労務の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧