資格のケンサク

マルチメディア検定

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
約2ヶ月
受験費用
2級5.500円、3級4.500円となっています。
合格率
3級60.9%、2級40.7%
試験回数
年2回
主催
(財)画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)検定実施センター

マルチメディア検定ってどんな資格?

コンピュータやインターネットを活用し、画像や映像、音声などのディジタル情報でコミュニケーションする上で必要な知識と技能を評価する検定試験です。

試験は3級と2級があり、3級は知識の理解力としてディジタルコミュニケーションに関する基本的な知識の理解力を測り、2級は知識の応用力としてディジタルコミュニケーションに関する知識の応用力を測定します。

インターネット・ディジタルコンテンツ・知的財産権・マルチメディアの社会応用に関する知識など、出題範囲の広さから、活躍の場の広さが窺えます。

情報のマルチメディア化が進んでいる現今、マルチメディア検定が就職や転職時に企業へアピールできるため、映像や画像関係のプロの方だけではなく一般の方まで幅広い受験者層で人気の高い検定試験です。

マルチメディアコンテンツの企画・制作会社を目指す人や、SOHOなどで独立を目指す人にはスキルの確認と証明になります。

マルチメディア検定を取得すると出来る仕事

マルチメディア検定 就職先

ゲームメーカー、ソフトウェアメーカー、コンテンツ制作会社、コンピュータメーカー、Web制作会社など

ゲームプランナー

様々な観点から分析して新しいゲームの企画を立てたり、ロールプレイングゲームなど、ストーリー展開や複雑な設定や仕掛けが必要な場合に、全体のシナリオ作成から、新しいアイディア出しまで、プランをまとめ上げる仕事です。

ネットワーク技術者

顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事です。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要です。

マルチメディア検定の特徴

併願受験について

CG-ARTS協会では午前は3級2部門、午後は2級2部門というように、1日最大4種類まで併願でき、2・3級は各級5部門のうち、2部門を希望する職種や知識・技能の習得度に応じて自由に組み合わせて受験できます。1級は単願のみになります。受験料はそれぞれの試験に対して必要なので2級1部門と3級1部門の併願の場合は10.000円となります。

認定校制度

認定校とは、「CGエンジニア」「CGクリエイター」「マルチメディア」の教育カリキュラムを実践する教育機関(高等学校・短期大学・大学・専門学校・高等過程を設けている専修学校・社会人を対象とする教育機関)のことです。現場の方々から高い評価を得ている教科書による学習指導と検定試験を行っています。現在、認定校は全国に約111校あります。

文化庁メディア芸術祭

メディアアート、ゲーム、アニメーション、マンガなど、メディア芸術の振興を目的として、文化庁とともに主催している祭典で、東京・六本木の国立新美術館にて、創造性あふれる作品を展示しています。世界44の国と地域から2091作品の応募があり、3年連続で作品数の記録更新をしています。受賞作品展、上映会、シンポジウム、学生CGコンテスト、先端技術ショーケース、Media Art in Worldなど、多彩なイベントが予定されており、2月6日~17日まで開催しています。

受験内容

※マークシート方式

【3級/ベーシック】

①マルチメディアの特徴
アナログとディジタル、マルチメディアを構成する要素、双方向性(インタラクティブ)、ユーザインタフェース、人間の視覚と聴覚

②マルチメディアの中核をなすパーソナルコンピュータ
パーソナルコンピュータ、オペレーティングシステム、周辺機器

③コンテンツ制作のためのメディア処理
ファイルフォーマット、文章作成、画像の処理、映像や音声の編集と再生、3次元CGの作成、情報の配信

④新たなインフラとなったインターネット
インターネットの役割、インターネットにつなぐ、ブロードバンドネットワーク

⑤インターネットで提供されるサービス
www、電子メール、掲示板とチャット、情報ポータルと検索サービス、ブログとソーシャルネットワーク、IP電話

⑥急速に伸びるインターネットビジネス
オンラインショッピング、金融サービス、広告とマーケティング、コンテンツビジネス

⑦マルチメディア端末へと進化する携帯電話
携帯電話の歴史、携帯電話のインターネット接続サービス、第3世代の携帯電話、携帯電話の多機能化、電子決済

⑧家庭のマルチメディア化
家電のマルチメディア化、ディジタル化が進む放送業界、多様化するAV機器、身近になるロボット、ネットワークがキーワードの次世代ゲーム機

⑨日常生活に広がるマルチメディア
ICカード、街角のマルチメディア、交通、医療と福祉、文化、行政と政治

⑩ネットワークセキュリティと著作権
ネットワークセキュリティ、知的財産権、個人情報保護

【2級/エキスパート】

①マルチメディアの基礎
マルチメディアとは、感性とメディア、ディジタルコミュニケーション

②メディアの処理技術
文書、音声と音響、画像と図形、アニメーションと映像、ヒューマンインタフェース

③コンピュータとインターネット
コンピュータ、ネットワーク、インターネット、wwwと検索エンジン

④コンテンツ制作とプログラミング
コンセプトメイキング、コンテンツデザイン、プログラミング、データベース

⑤Webサイト構築と運用
Webサイトの目的、ページデザイン、ナビゲーション、Webプログラミング、サーバシステム、Webサイト運命

⑥生活を豊かにする道具
電話と携帯端末、放送と通信、カーナビと交通システム、エンターテイメント、情報家電

⑦インターネットの応用
コミュニケーションの変化、情報共有、ネットビジネス

⑧マルチメディアとIT社会
ユビキタス社会、情報論理、セキュリティ対策、知的財産権

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

マスコミの資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧