資格のケンサク

ケアクラーク技能認定試験

資格or検定
資格
難易度
★★☆☆☆
取得期間
3ヶ月~
受験費用
受験料は6.000円となります。
合格率
64.50%
試験回数
年6回
主催
(財)日本医療教育財団技能認定係

ケアクラーク技能認定試験ってどんな資格?

介護保険に関する事務の専門家として必要な社会福祉制度や介護報酬請求事務などに関する知識と技能を評価・認定する資格です。

ケアクラークはケアマネージャーが作成したケアプランが円滑に行われるように、関係機関やサービス事業者と連絡を取ったり、帳票類の作成・交付を行います。

資格を取得するには(財)日本医療教育財団主催の通信講座を受講するのが近道です。

また、6ヶ月以上の介護事務の実務経験がなければ、財団が認定する専門学校で「ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に沿った教育課程を履修する方法もあります。

資格取得後は医療機関・老人介護施設、介護サービス事業所、介護保険処理のコンピュータシステムのソフト会社などで活躍できます。

ケアクラーク技能認定試験を取得すると出来る仕事

ケアクラーク技能認定試験就職先

老人保健施設、介護サービス事業所、老人介護施設、病院、老人福祉施設、介護保険関連企業など

ケアクラーク

介護支援専門員(ケアマネジャー)が作成したケアプラン(介護サービス計画)が円滑に行われるよう、関係機関やサービス事業者と連絡をとったり、書類の作成や交付を行います。

また、日常的な事務処理、窓口業務、接遇応対業務、介護報酬請求事務等の業務も担います。

受験内容

【学科試験】
①人間関係(コミュニケーション)、②老人・障害者の心理、③社会福祉、④老人福祉、⑤地域福祉、⑥社会福祉援助技術、⑦介護概論、⑧介護術技術・障害形態別介護技術、⑨リハビリテーション、⑩医学一般、⑪介護保険制度、⑫介護事務業務

【実技試験】※記述式
①介護給付費請求事務、②介護給付費明細作成

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

医療の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧