資格のケンサク

調剤報酬請求事務専門士

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
3ヶ月~6ヶ月
受験費用
1級は5.800円、2級は4.800円、通信2級8.800円、通信3級7.800円となります。
合格率
1級約20%、2級約40%
試験回数
年2回
主催
調剤報酬請求事務専門士検定協会事務局

調剤報酬請求事務専門士ってどんな資格?

調剤薬局にて薬剤の基本的知識と調剤報酬請求事務(調剤レセプト作成)の知識を活かし、薬剤師のアシスタントとして働く専門家を認定する、調剤報酬請求事務専門士検定協会主催の資格です。

試験は1~3級があり、学科と実技試験で構成されています。また会場試験と通信試験があり、通信試験はNTT回線を使用したFAX受験となります。

学科試験は各級とも接遇マナー、薬剤の基礎知識、医薬品関連法規、医療保険制度、調剤報酬請求に関する知識が問われ、実技試験は症例をもとにレセプト作成が出題されます。

調剤薬局の事務員として働くのに必ずしも必要な資格ではありませんが、履歴書に記載でき、就職・転職の際のアピールや手当が期待できます。

また、合格者の就職支援を行う協会運営の「就職支援センター」や、人材派遣会社、紹介業者などとの人材交流での提携が結ばれているので、就職活動のサポートも行われています

調剤報酬請求事務専門士を取得すると出来る仕事

調剤報酬請求事務専門士 就職先

調剤薬局、病院、診療所など

医療事務

医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする仕事です。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など幅広く行います。

受験内容

■2級
【学科】
①接遇、②薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、容量、薬理作用)、③医療保険制度、④調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)、⑤調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)
【実技】
①レセプト明細書作成(処方箋3枚の設問箇所の点数計算)

■1級
【学科】
①接遇、②薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、容量、薬理作用、副作用、禁忌、相互作用等の薬物知識)、③医薬品関連法規(調剤薬局における用語、理論、役割など)、④医療保険制度、⑤調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)、⑥調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)
【実技】
①処方箋3枚の設問箇所の点数計算、②処方箋(1枚)調剤報酬明細書作成(手書き)

■通信3級
【学科】
①接遇、②薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、容量、薬理作用)、③医療保険制度、④調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)、⑤調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)
【実技】
①レセプト明細書作成(処方箋3枚の設問箇所の点数計算)

■通信2級
【学科】
①接遇、②薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、容量、薬理作用)、③医療保険制度、④調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)、⑤調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)
【実技】
①レセプト明細書作成(処方箋3枚の設問箇所の点数計算)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

医療の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧