資格のケンサク

はり師・きゅう師

資格or検定
資格
難易度
★★☆☆☆
取得期間
3年~
受験費用
受験料は15.100円となります。
合格率
はり師81.1%、きゅう師81.4%
試験回数
年1回
主催
(財)東洋療法研修試験財団

はり師・きゅう師ってどんな資格?

東洋療法の技術向上が求められる中、1993年から国家資格として誕生しました。

はり師は体のつぼを金属針で刺激することで自然治癒力を高める治療法を、きゅう師は体の表面にもぐさを置いて燃やし、その熱刺激によって治療する漢方療法を用いて、生活習慣病や事故後の後遺症などの治療を行います。ともに副作用が少ない治療法としてニーズが高く、病院などでも東洋医学による治療を取り入れているケースもあります。

試験は年1回筆記試験にて行われ、大学入学有資格者のうち文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の養成施設で3年以上必要な知識と技能を修得した者などが受験できます。視覚障害者の場合は申請により拡大文字や点字による受験が認められています。試験科目がほとんど重なる理由からか、両資格を同時に取得する人が多いです。経験が重視される施術医療なので、治療院などで観察力・分析力などを磨いておくと、独立開業する際にも役立ちます。

はり師・きゅう師を取得すると出来る仕事

はり師・きゅう師就職先

鍼灸院、マッサージ整体院、病院、スポーツクラブ、リハビリテーションセンター、障害者福祉施設、老人福祉施設など

はり師・きゅう師

患部や経絡の状態を診察したうえで、はり師は鍼術といい一定点にはりを刺して神経を刺激、抑制して自然治癒力を活性化させる施術を行い、きゅう師は漢方療法のひとつで、体の表面のつぼなどにもぐさを置いて熱し、温熱刺激を与える施術を行い、患部周辺のツボに刺激を与え腰痛や肩凝りなどの痛みをやわらげる仕事です。

スポーツリハビリトレーナー

総合的にスポーツ選手の健康を管理する仕事です。主にマッサージなどによる慢性疾患のケア、試合中の応急処置のほか、栄養指導、メンタルケアのためのカウンセリングなどを行います。一人でこなすのではなく、それぞれ専門分野を持った数名のトレーナーが仕事を分担することが多いです。

はり師・きゅう師の特徴

生涯研修

生涯研修とは自らの意思で自発的に行うもので、(社)全国病院理学療法協会、(社)全日本鍼灸マッサージ師会、(社)東洋療法学校協会など関係7団体が実施する医学教養課程、基礎医学過程、臨床過程の研修に参加し、所定の必要単位を取得した者に生涯研修修了証書が授与されます。また、積極的に参加し、資質向上に努力した者には理事長より表彰が受けられます。

受験内容

【はり師】
①医学概論(医学史を除く)、②衛生学・公衆衛生学、③関係法規、④解剖学、⑤生理学、⑥病理学概論、⑦臨床医学各論、⑧臨床医学総論、⑨リハビリテーション医学、⑩東洋医学概論・経路経穴概論、⑪はり理論、⑫東洋医学臨床論
※視覚障害者の場合は、点字等で受験可能です。
【きゅう師】
①医学概論(医学史を除く)、②衛生学・公衆衛生学、③関係法規、④解剖学、⑤生理学、⑥病理学概論、⑦臨床医学各論、⑧臨床医学総論、⑨リハビリテーション医学、⑩東洋医学概論・経路経穴概論、⑪きゅう理論、⑫東洋医学臨床論
※視覚障害者の場合は、点字等で受験可能です。

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

医療の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧