資格のケンサク

肥満予防健康管理士

資格or検定
資格
難易度
★★★☆☆
取得期間
5ヶ月
受験費用
受験料は10.000円ですが、講習を受講するのに受講料が必要となり、70.000円~80.000円程度が目安です。また、別途、資格認定料として5.000円が必要です。
合格率
試験回数
年2回
主催
日本肥満予防健康協会

肥満予防健康管理士ってどんな資格?

肥満と生活習慣病との関係や食事・運動・意識療法などの正しい知識と指導を持つ、現代社会に必要な健康の専門家で、日本肥満予防健康協会主催の新しい資格制度です。

現在、肥満の原因である生活習慣病が増えており、不適切な生活習慣を改善する必要に迫られ、2006年には生活習慣病の原因とされる内臓脂肪による肥満の健診・指導を健康保険組合などに義務付けられました。

正しい知識を持った指導者の必要性が注目されるようになり、こうした資格制度が誕生したわけです。資格を取得するには6日間の講習会を受講し、年2回実施の資格試験に合格することで取得できます。

取得後は検診医療機関、健康保険組合、地方自治体、スポーツセンターなど多くの場での活躍が期待でき、就職活動においても評価を高めることができます。

肥満予防健康管理士を取得すると出来る仕事

肥満予防健康管理士就職先

健康保険組合、医療機関、自治体、スポーツセンター、ホテル、健康食品会社、エステティックサロン、化粧品会社、ダイエット関連会社など

受験内容

①肥満について(肥満の現代、肥満とは、肥満の基準数値、BMI他、体脂肪について 等)、②肥満の原因(人類の歴史と生体メカニズム、長い飢餓の時代と人体、消費エネルギーと摂取エネルギー、消費エネルギーと基礎代謝、体質と肥満遺伝子、文明の開発と運動不足、交感神経とモナリザ症候群、脂肪細胞と肥満 等)、③肥満と病気(健康体型と美容体型、メタボリックシンドローム・歴史変化、メタボリックシンドロームドミノ、動脈硬化について、糖尿病について、肥満によりおこる病気 等)、④ダイエット(肥満治療、ダイエット三種の神器、食事療法の基本、行動変容、カロリーを覚える、栄養の基礎知識、運動療法、意識療法、ダイエット計画の作り方、停滞期とその対策、様々なダイエットの検証 等)、⑤指導方法(集団指導、個別指導 等)、⑥実践演習(ロールプレイング)

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

医療の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧