資格のケンサク

医師

資格or検定
資格
難易度
★★★★★
取得期間
6年~
受験費用
受講料は15.300円となります。
合格率
試験回数
年1回
主催
厚生労働省 医政局医事課試験免許室

医師ってどんな資格?

病気の患者に対して治療を施したり、予防のためのアドバイスを行う医師として働くために必要な国家資格です。

患者の生命にかかわる仕事なので、その責任は重く、その分試験の難易度も高くなっています。医師になるには大学医学部または医科大学で6年間学び、国家試験に合格後、大学の付属病院化指定の病院で2年以上の臨床研修が必要です。

試験は年1回、筆記試験にて行われ、臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として必要な知識と技能が問われます。医師の仕事は幅広く、病院や診療所などで患者を治療する臨床医と、大学などの研究機関で未知の病気の治療法など医学の研究をする医学研究者に分かれます。

医師を取得すると出来る仕事

医師就職先

病院、大学病院、診療所、研究所など

医師

現在、医師の多くは臨床医として活躍しています。臨床医とは、患者の治療や病気の予防、健康相談、検診などを行い、医療技術や薬品の進歩もめざましく、医療分野もより専門化している半面、総合的な力も求められる仕事です。地域の開業医たちが患者のデータをパソコンで共有して、連携して医療にあたるという新しいスタイルも生まれてきています。

医学研究者

医学研究者は「基礎医学研究」と「臨床医学研究」に大きく分かれます。基礎医学研究は分子生物学や化学、工学などの研究方法によって、遺伝子、免疫、生化学、衛生、生理、解剖など、さまざまな角度から病気の原因やメカニズムを解明し、治療方法を科学的に研究するので、医学部の出身者だけでなく、工学や理学、薬学、農学など、さまざまな学部から医学研究者になる道があります。臨床医学研究は患者の治療を通じて病気を研究し、治療方法などの検証や研究を行います。こちらは医師国家試験に合格し、医師として仕事をすることが前提となります。

受験内容

①臨床上必要な医学及び公衆衛生に関する知識、技能、②試行問題

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

医療の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧