資格のケンサク

健康管理士一般指導員

資格or検定
資格
難易度
★★☆☆☆
取得期間
4ヶ月~
受験費用
受験料は5.000円で、対策講座の受講料は63.000円となります。
合格率
81%
試験回数
年11回
主催
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会

健康管理士一般指導員ってどんな資格?

成人予防を目的とした、健康管理や生活習慣をアドバイスする健康管理のスペシャリストを認定する資格です。

特定非営利活動法人日本成人病予防協会が糖尿病や高血圧などの生活習慣病ば多くの人を悩ませていることから、健康維持・増進の知識を広めて病気を克服しようという目的のもと設けており、協会認定の通信講座を修了後、年11回実施の認定試験に合格すると資格が取得できます。

生活習慣病の増大が深刻化している現代、専門知識を有した健康管理士一般指導員の必要性は高く、全国33校の大学・短大・専門学校のカリキュラムに採用されてたり、医療・福祉分野はもちろん、社員の健康管理に取り組んでいる企業などがあります。取得後は企業内健康管理部門でのカウンセラー、総務・健康保険組合などでの保健衛生の仕事に携わる人や、スポーツジム、エステティックサロンで顧客の健康相談にのったり、地域で講演活動を行ったりと幅広い分野での活躍が期待できます。

健康管理士一般指導員を取得すると出来る仕事

健康管理士一般指導員就職先

一般企業、病院、リハビリテーションセンター、老人福祉施設、スポーツセンター、製薬会社、生命保険会社、食品・化粧品メーカー、学校、ボランティア団体など

健康管理士一般指導員の特徴

合格対策講座

一人での学習に不安な方、理解度を確認したい方、試験に合格したい方などの要望に応え、学習内容の総復習と資格認定試験対策を目的とした講座を試験の1ヶ月前に東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台で開催しています。講座では試験のポイントの解説、予行練習ができる模擬試験、資格認定試験のポイントが掲載されている資料の配布など、大変充実しています。受講料として5.000円が必要です。

受験内容

【講座カリキュラム】
①健康管理学(健康の概念、保健統計と疫学、ライフスタイルと健康づくり運動など)、②生活習慣病の基礎知識(がん・高血圧・脳卒中などの生活習慣病についての知識)、③心の健康管理(健康管理士一般指導員の心構え、メンタルヘルス、ストレスなど)、④生活を守る栄養学(栄養と栄養学、食欲、消化吸収、エネルギー代謝など)、⑤健康管理の進め方(健康管理の方法、地域社会における健康管理活動など)、⑥生活環境と健康(人体と環境、物理環境と健康、環境問題と健康、食品衛生など)、⑦身体を守る健康知識(介護法、体を守る薬剤学、東洋医学、運動と健康、応急手当のいろいろ)、⑧総復習
【認定試験】
選択問題および記述問題

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

医療の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧