資格のケンサク

コーディングスペシャリスト

資格or検定
検定
難易度
★★★☆☆
取得期間
1年9ヶ月
受験費用
2級の受験料は8.000円で、別途日本クリニカルコーディング協会費年8.000円が必要です。また、国際疾病分類学院の受講料は基礎過程275.000円、専門課程300.000円となります。
合格率
74.20%
試験回数
年2回
主催
NPO法人日本クリニカルコーディング協会

コーディングスペシャリストってどんな資格?

医師が書いたカルテの病名や診療行為を確認し、WHO(世界保健機構)が定めるICD(国際疾病分類)に従って詳細に分類するスペシャリストを認定する資格です。

統計・資料作成やDPC(診断群別包括支払方式)の導入に欠かせない上に、医療サービスの実態を適切なコードによって客観化することは医学研究、病院経営・分析を行ううえでも重要な要素となっています。

試験は日本クリニカルコーディング協会主催で3~1級があり、2級に合格するとコーディングスペシャリスト、1級に合格するとコーディングインストラクターの資格が付与されます。

2級以上の場合協会会員校の国際疾病分類学院で指定講座を修了することが一般的で、基礎・専門課程を修了すると2級受験資格が得られます。

講座終了時に検定試験を受験します。受講者のほとんどが医療事務関係者で、実際にコーディング業務に携わっている人や興味・関心を持っている人が多いです。

電子カルテ導入に先立って、コーディングの実践的能力を身につけた人材が、今後ますます必要になってくるでしょう。

コーディングスペシャリストの取得ができる機関

コーディングスペシャリストを取得すると出来る仕事

コーディングスペシャリスト就職先

病院、大学病院、診療所など

医療事務

医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする仕事です。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など幅広く行います。

医療情報管理者

カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なとき素早く提供できるように管理する仕事です。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもあります。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務することもあります。

受験内容

【基礎過程】
①コーディング概論、②初級コーディング、③医学用語、④解剖学、⑤病態生理学、⑥臨床薬学、⑦臨床検査、⑧コンピューター、⑨記録法、⑩診療情報管理実務
【専門課程】
①中級・上級コーディング、②実践的なコーディングソフトの使い方、③模擬カルテを使用した実務指導

条件を絞り込んで検索!

カテゴリ



取得期間目安

難易度

医療の資格一覧

関連タグ一覧

五十音順で探す!

診断テスト

資格の学校一覧